日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

「東京タラレバ娘」の見方 特殊効果も笑って楽しめばいい

 “アラサー女子のリアル”を標榜するのが、「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)だ。

 脚本家の倫子(吉高由里子)、ネイリストの香(榮倉奈々)、実家の居酒屋を手伝う小雪(大島優子)の3人は高校時代からの親友。いつも小雪の居酒屋に集まり、恋や仕事のタラレバ話で盛り上がっている。そこへ現れたのがモデルのKEY(坂口健太郎)だ。いきなり「そうやって一生、女同士でタラレバつまみに酒飲んでろよ!」と一喝。3人組は凍り付く。

 倫子は、かつて自分が失恋させたADで、現在はプロデューサーの早坂(鈴木亮平)にアプローチして失敗。ふとしたことから、KEYと一夜を共にしてしまう。また香も、かつて恋人だったミュージシャンで、現在はスターとなった鮫島涼(平岡祐太)に誘われ、同じく一夜を。さあ、次回は小雪か? という流れだ。これって、3人組のリアルというより、恋と仕事に関する“勘違い”が炸裂するラブコメディーだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事