• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「東京タラレバ娘」吉高由里子の“努力の谷間”に称賛の声

 吉高由里子(28)が主演を務めるドラマ「東京タラレバ娘」(日本テレビ系)第1回の視聴率が13.8%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)だったことが分かった。

 キムタク主演で注目の「A LIFE~愛しき人~」の14.2%(同)に迫る大健闘だが、ドラマの内容に加えて称賛の声が相次いでいるのが、吉高の“努力の跡”だ。

 吉高が演じる売れないアラサー独身脚本家は、原作漫画では「巨乳」の設定。そのため、ドラマ放送開始前には「吉高ではイメージが違う」と心配する声も多かった。吉高は映画「蛇にピアス」(2008年公開)でヌードを披露し、その大胆な脱ぎっぷりが評価された一方、胸については「残念」と手厳しい意見も多かったからだ。

 しかし、今回の役作りでそんな不名誉な評価が一変。

 テレビプロデューサーを演じる鈴木亮平(33)とのデートシーンでは、胸元が大きく開いたドレスから見事な谷間が何度もチラリ。視聴者からは<吉高由里子に谷間だと、、、?>などの驚きの声がネットに相次いだほか、<無理矢理な胸の谷間がよかった><一生懸命寄せててほっこりした>と、原作のイメージに少しでも近づこうとする吉高の努力に感心する声も上がっている。

 吉高の精いっぱいの“努力の谷間”も視聴率アップの原動力になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事