必然だった月9惨敗 西内まりやは“無気力フジ”の被害者か

公開日:

 始まる前から“終戦”だったようだ。女優の西内まりや(23)が主演するフジテレビ系の月9ドラマ「突然ですが、明日結婚します」の初回(23日)の平均視聴率が8.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前クールの「カインとアベル」の初回平均視聴率8.8%を下回り、初回最低を更新した。

 かつて、視聴率20%超を連発し、「月9ブランド」と言われたのも今や昔。低視聴率が見えているため、誰も出演したがらず、キャスティングに難航する事態が続いている。西内は予定していた留学を蹴ってまで初主演したらしいが、これでは浮かばれないどころか、女優生命にもかかわってくるだろう。

「放送当日の一般紙のテレビ欄を見ると、フジサイドがハナから数字を取る気がないのが丸わかりでした。同じグループの産経にこそ、巨大広告が入っていたものの、他紙には宣伝がなかった。しかも、朝日と読売の試写欄は同じ時間帯のTBS系『十津川警部シリーズ』が載っていたんです。予算がないのか、番組広報に力がないのか。かつての月9ならあり得ないことです」(民放関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る