必然だった月9惨敗 西内まりやは“無気力フジ”の被害者か

公開日:

 始まる前から“終戦”だったようだ。女優の西内まりや(23)が主演するフジテレビ系の月9ドラマ「突然ですが、明日結婚します」の初回(23日)の平均視聴率が8.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前クールの「カインとアベル」の初回平均視聴率8.8%を下回り、初回最低を更新した。

 かつて、視聴率20%超を連発し、「月9ブランド」と言われたのも今や昔。低視聴率が見えているため、誰も出演したがらず、キャスティングに難航する事態が続いている。西内は予定していた留学を蹴ってまで初主演したらしいが、これでは浮かばれないどころか、女優生命にもかかわってくるだろう。

「放送当日の一般紙のテレビ欄を見ると、フジサイドがハナから数字を取る気がないのが丸わかりでした。同じグループの産経にこそ、巨大広告が入っていたものの、他紙には宣伝がなかった。しかも、朝日と読売の試写欄は同じ時間帯のTBS系『十津川警部シリーズ』が載っていたんです。予算がないのか、番組広報に力がないのか。かつての月9ならあり得ないことです」(民放関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る