必然だった月9惨敗 西内まりやは“無気力フジ”の被害者か

公開日: 更新日:

 始まる前から“終戦”だったようだ。女優の西内まりや(23)が主演するフジテレビ系の月9ドラマ「突然ですが、明日結婚します」の初回(23日)の平均視聴率が8.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。前クールの「カインとアベル」の初回平均視聴率8.8%を下回り、初回最低を更新した。

 かつて、視聴率20%超を連発し、「月9ブランド」と言われたのも今や昔。低視聴率が見えているため、誰も出演したがらず、キャスティングに難航する事態が続いている。西内は予定していた留学を蹴ってまで初主演したらしいが、これでは浮かばれないどころか、女優生命にもかかわってくるだろう。

「放送当日の一般紙のテレビ欄を見ると、フジサイドがハナから数字を取る気がないのが丸わかりでした。同じグループの産経にこそ、巨大広告が入っていたものの、他紙には宣伝がなかった。しかも、朝日と読売の試写欄は同じ時間帯のTBS系『十津川警部シリーズ』が載っていたんです。予算がないのか、番組広報に力がないのか。かつての月9ならあり得ないことです」(民放関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

  4. 4

    広瀬すず「嫌いな女優」2位 松田聖子バッシングとの酷似点

  5. 5

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  8. 7

    末期がんで逝った父・三郎 唐沢寿明が演じたモデルと晩年

  9. 8

    金子ノブアキ演じた藤田嗣治とオペラ歌手・三浦環を結ぶ線

  10. 9

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  11. 10

    小池都知事の無策が招く第2波襲来 専門家に懸念も他人事

もっと見る