“奇跡の50歳”と話題…君島十和子の著書が売れまくる理由

公開日:

 美のカリスマ、君島十和子が意気軒高。“奇跡の50歳”と話題だ。君島は50歳を機に「十和子道」(集英社)、「私が決めてきたこと」(KADOKAWA)の2冊を発売、どちらも売れ行き絶好調なのだ。

 人気の秘訣は「働く母」というキーワード。家事も仕事もこなし、長女(19)は宝塚に合格。自身の化粧品ブランドも評価が高い。しかも、家政婦は雇わず、家事は全て自ら行うというパーフェクト主婦なのにこの美貌。さらに、私服や自宅などプライベートまで公開する潔さが同性の共感を得ている。出版関係者がこう言う。

「購買層は十和子と同世代のバブル経験者。美意識が高く、雑誌や本から情報を得るのが習慣の“最後の金持ち世代”。エビちゃん、もえちゃんらアラサーのCanCam世代とはお金の使い方が全然違うんです。石田ゆり子も同世代で人気です」

 君島一族のイケメン御曹司とのセレブ婚と騒がれたと思ったら、義父・君島一郎の急死で遺産相続問題、莫大な借金トラブルなどがワイドショーを賑わせたのも、はや20年前のこと。そんな雑音も奇跡の美貌で封じ込めたのだからリッパ。美のカリスマたるゆえんだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る