“奇跡の50歳”と話題…君島十和子の著書が売れまくる理由

公開日:

 美のカリスマ、君島十和子が意気軒高。“奇跡の50歳”と話題だ。君島は50歳を機に「十和子道」(集英社)、「私が決めてきたこと」(KADOKAWA)の2冊を発売、どちらも売れ行き絶好調なのだ。

 人気の秘訣は「働く母」というキーワード。家事も仕事もこなし、長女(19)は宝塚に合格。自身の化粧品ブランドも評価が高い。しかも、家政婦は雇わず、家事は全て自ら行うというパーフェクト主婦なのにこの美貌。さらに、私服や自宅などプライベートまで公開する潔さが同性の共感を得ている。出版関係者がこう言う。

「購買層は十和子と同世代のバブル経験者。美意識が高く、雑誌や本から情報を得るのが習慣の“最後の金持ち世代”。エビちゃん、もえちゃんらアラサーのCanCam世代とはお金の使い方が全然違うんです。石田ゆり子も同世代で人気です」

 君島一族のイケメン御曹司とのセレブ婚と騒がれたと思ったら、義父・君島一郎の急死で遺産相続問題、莫大な借金トラブルなどがワイドショーを賑わせたのも、はや20年前のこと。そんな雑音も奇跡の美貌で封じ込めたのだからリッパ。美のカリスマたるゆえんだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る