• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

底意地悪い女所長を好演 鈴木保奈美がアラフィフ“女優開眼”

 春の連ドラが今週から始まった。視聴率も低調で、まだヒットといえる作品はないが、ちょっとだけ楽しみなのが鈴木保奈美(47)。

 保奈美は香取慎吾主演の「SMOKING GUN~決定的証拠~」(フジテレビ系)に出演しているが、これが女優復帰後、初めてのハマリ役ではないかと思えるほど好演しているのだ。

 ドラマは民間科捜研の営業兼調査員の香取、所長の保奈美らが難解な事件を解決するサイエンスミステリーで保奈美は底意地の悪い“女ボス”を演じている。傲慢で香取をいじったり、乱暴な物言いをしたりするが、気の強さ、性格の悪さは演技とはとても思えず、リアルなのだ。

■猫をかぶるのやめた?

「石橋貴明と結婚後の本格復帰作となった、11年の大河ドラマ『江』で演じたのはお市の方ですが、いい人過ぎてガラじゃないという感じでした。1年前の『家族ゲーム』では崩壊家族の壊れた母親の役でしたが、彼女は本来弱い女じゃないから、役柄が合わないし、演技もぎこちなかった。それに比べると今回の女所長は地で演じている印象でハマリ役です。保奈美、開眼という感じです」(ドラマ関係者)

 もうすぐアラフィフの保奈美。猫をかぶるより本音で取り組む年代に差しかかっているということだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る