底意地悪い女所長を好演 鈴木保奈美がアラフィフ“女優開眼”

公開日:  更新日:

 春の連ドラが今週から始まった。視聴率も低調で、まだヒットといえる作品はないが、ちょっとだけ楽しみなのが鈴木保奈美(47)。

 保奈美は香取慎吾主演の「SMOKING GUN~決定的証拠~」(フジテレビ系)に出演しているが、これが女優復帰後、初めてのハマリ役ではないかと思えるほど好演しているのだ。

 ドラマは民間科捜研の営業兼調査員の香取、所長の保奈美らが難解な事件を解決するサイエンスミステリーで保奈美は底意地の悪い“女ボス”を演じている。傲慢で香取をいじったり、乱暴な物言いをしたりするが、気の強さ、性格の悪さは演技とはとても思えず、リアルなのだ。

■猫をかぶるのやめた?

「石橋貴明と結婚後の本格復帰作となった、11年の大河ドラマ『江』で演じたのはお市の方ですが、いい人過ぎてガラじゃないという感じでした。1年前の『家族ゲーム』では崩壊家族の壊れた母親の役でしたが、彼女は本来弱い女じゃないから、役柄が合わないし、演技もぎこちなかった。それに比べると今回の女所長は地で演じている印象でハマリ役です。保奈美、開眼という感じです」(ドラマ関係者)

 もうすぐアラフィフの保奈美。猫をかぶるより本音で取り組む年代に差しかかっているということだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る