底意地悪い女所長を好演 鈴木保奈美がアラフィフ“女優開眼”

公開日: 更新日:

 春の連ドラが今週から始まった。視聴率も低調で、まだヒットといえる作品はないが、ちょっとだけ楽しみなのが鈴木保奈美(47)。

 保奈美は香取慎吾主演の「SMOKING GUN~決定的証拠~」(フジテレビ系)に出演しているが、これが女優復帰後、初めてのハマリ役ではないかと思えるほど好演しているのだ。

 ドラマは民間科捜研の営業兼調査員の香取、所長の保奈美らが難解な事件を解決するサイエンスミステリーで保奈美は底意地の悪い“女ボス”を演じている。傲慢で香取をいじったり、乱暴な物言いをしたりするが、気の強さ、性格の悪さは演技とはとても思えず、リアルなのだ。

■猫をかぶるのやめた?

「石橋貴明と結婚後の本格復帰作となった、11年の大河ドラマ『江』で演じたのはお市の方ですが、いい人過ぎてガラじゃないという感じでした。1年前の『家族ゲーム』では崩壊家族の壊れた母親の役でしたが、彼女は本来弱い女じゃないから、役柄が合わないし、演技もぎこちなかった。それに比べると今回の女所長は地で演じている印象でハマリ役です。保奈美、開眼という感じです」(ドラマ関係者)

 もうすぐアラフィフの保奈美。猫をかぶるより本音で取り組む年代に差しかかっているということだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  5. 5

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  6. 6

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  7. 7

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る