• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

米アカデミー作品賞 映画「ムーンライト」受賞の深読み

「反トランプ」が色濃く出た前代未聞のオスカーだった。26日(日本時間27日)に行われた第89回米アカデミー賞授賞式。ハリウッドの白人至上主義を訴えるトランプ米大統領への反発がそうさせたのだろう。

 最高峰の「作品賞」には人種・貧困問題を描いた「ムーンライト」(日本公開4月28日)が選ばれた。大本命と目されたミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」は受賞を逃し、「昨年も下馬評の高かった『レヴェナント:蘇えりし者』が作品賞を逃したように、過度に注目を浴びると賞を逃す結果になったりする。“アカデミーあるある”の結果といえるでしょう」(映画ライターの平田裕介氏)。

 しかも「ラ・ラ・ランド」は、運営側の不手際により一度は作品賞の受賞を発表され、関係者が舞台上でぬか喜びする羽目にも見舞われた。もっとも、主演女優賞や監督賞といった祭典を象徴する華のある賞は総なめ状態で、「5000人以上ともいわれるアカデミー会員はリベラル派も多いが、全体的には年齢が高く保守的な面も否めない。しかし、今回は、最近の米国の情勢もかんがみ『ムーンライト』の作品賞を含め、政治的配慮とバランスを取ったのではないか」(映画ジャーナリストの大高宏雄氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る