米アカデミー作品賞 映画「ムーンライト」受賞の深読み

公開日:

「反トランプ」が色濃く出た前代未聞のオスカーだった。26日(日本時間27日)に行われた第89回米アカデミー賞授賞式。ハリウッドの白人至上主義を訴えるトランプ米大統領への反発がそうさせたのだろう。

 最高峰の「作品賞」には人種・貧困問題を描いた「ムーンライト」(日本公開4月28日)が選ばれた。大本命と目されたミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」は受賞を逃し、「昨年も下馬評の高かった『レヴェナント:蘇えりし者』が作品賞を逃したように、過度に注目を浴びると賞を逃す結果になったりする。“アカデミーあるある”の結果といえるでしょう」(映画ライターの平田裕介氏)。

 しかも「ラ・ラ・ランド」は、運営側の不手際により一度は作品賞の受賞を発表され、関係者が舞台上でぬか喜びする羽目にも見舞われた。もっとも、主演女優賞や監督賞といった祭典を象徴する華のある賞は総なめ状態で、「5000人以上ともいわれるアカデミー会員はリベラル派も多いが、全体的には年齢が高く保守的な面も否めない。しかし、今回は、最近の米国の情勢もかんがみ『ムーンライト』の作品賞を含め、政治的配慮とバランスを取ったのではないか」(映画ジャーナリストの大高宏雄氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る