米アカデミー作品賞 映画「ムーンライト」受賞の深読み

公開日:

「反トランプ」が色濃く出た前代未聞のオスカーだった。26日(日本時間27日)に行われた第89回米アカデミー賞授賞式。ハリウッドの白人至上主義を訴えるトランプ米大統領への反発がそうさせたのだろう。

 最高峰の「作品賞」には人種・貧困問題を描いた「ムーンライト」(日本公開4月28日)が選ばれた。大本命と目されたミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」は受賞を逃し、「昨年も下馬評の高かった『レヴェナント:蘇えりし者』が作品賞を逃したように、過度に注目を浴びると賞を逃す結果になったりする。“アカデミーあるある”の結果といえるでしょう」(映画ライターの平田裕介氏)。

 しかも「ラ・ラ・ランド」は、運営側の不手際により一度は作品賞の受賞を発表され、関係者が舞台上でぬか喜びする羽目にも見舞われた。もっとも、主演女優賞や監督賞といった祭典を象徴する華のある賞は総なめ状態で、「5000人以上ともいわれるアカデミー会員はリベラル派も多いが、全体的には年齢が高く保守的な面も否めない。しかし、今回は、最近の米国の情勢もかんがみ『ムーンライト』の作品賞を含め、政治的配慮とバランスを取ったのではないか」(映画ジャーナリストの大高宏雄氏)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る