ムッシュかまやつさん追悼 時代乗りこなした目利き耳利き

公開日:

「半世紀以上にわたって、第一線の現役ミュージシャンという人は他にいない。たとえるならその時代の大きな波をとらえ、乗りこなした名サーファーといえるでしょう」(音楽評論家の富澤一誠氏)

 歌手のムッシュかまやつ(本名・釜萢弘)さんが1日、膵がんのため、都内の病院で息を引き取った。享年78。昨年9月、肝臓がんを公表した際には「絶対復活するから心配しないでください!」と再起を誓い、12月に開かれた堺正章の70歳記念ライブに駆け付け、デュエットを披露。これが最後の公の場となった。

「僕にとって音楽は快楽です。できればそのピークでわけわかんなくなったり、死んだりしたいですね」――。8年前のあるインタビューで語っていたかまやつさん。日系米国人でジャズシンガーのティーブ・釜萢氏の長男として生まれ、幼少期から洋楽に親しんで育ち、青山学院高等部在籍中にロカビリー歌手として一時代を築いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  5. 5

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  6. 6

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  7. 7

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    売り出し価格1500円 ソフトバンク株は買いか専門家に聞く

  10. 10

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

もっと見る