• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“正義の味方”の苦労も 沖田さとしさん語るダイナマン秘話

 1975年にスタートし、今も41作目を放送中の特撮ドラマ「スーパー戦隊シリーズ」。中でも一番派手な爆破シーンで話題となったのが第7作の「科学戦隊ダイナマン」(83~84年)だ。主役のダイナレッドを演じた沖田さとしさん(58)、子供たちに大人気だった。さて、今どうしているのか?

■「表現力」を学ぶ講座やワークショップを企画

 沖田さんと会ったのは大阪・難波のホテルのカフェ。ビシッとしたスーツ姿で颯爽と現れた。

「今は『表現の学校』という、対人コミュニケーション力アップを目指すグループの代表をしていましてね。自治体の文化施設やカルチャーセンター、企業、学校などで、言葉に依存せず豊かな表情や身のこなしを身につけ、第一印象の良さで円滑な人間関係を構築する『ノンバーバル・コミュニケーション』の各種講座やワークショップを企画、運営しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る