• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“正義の味方”の苦労も 沖田さとしさん語るダイナマン秘話

 1975年にスタートし、今も41作目を放送中の特撮ドラマ「スーパー戦隊シリーズ」。中でも一番派手な爆破シーンで話題となったのが第7作の「科学戦隊ダイナマン」(83~84年)だ。主役のダイナレッドを演じた沖田さとしさん(58)、子供たちに大人気だった。さて、今どうしているのか?

■「表現力」を学ぶ講座やワークショップを企画

 沖田さんと会ったのは大阪・難波のホテルのカフェ。ビシッとしたスーツ姿で颯爽と現れた。

「今は『表現の学校』という、対人コミュニケーション力アップを目指すグループの代表をしていましてね。自治体の文化施設やカルチャーセンター、企業、学校などで、言葉に依存せず豊かな表情や身のこなしを身につけ、第一印象の良さで円滑な人間関係を構築する『ノンバーバル・コミュニケーション』の各種講座やワークショップを企画、運営しています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  5. 5

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  6. 6

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  7. 7

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  8. 8

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  9. 9

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  10. 10

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

もっと見る