ミヤネ屋生みの親が語る 平日午後ワイドショー戦線の熾烈

公開日:

 大阪発、“浪速のみのもんた”こと宮根誠司(53)がMCを務める午後の報道ワイドショー「情報ライブ ミヤネ屋」を作った担当部長で、現在は番組の解説委員を務めるのが読売テレビの春川正明氏。放送開始から10年、すっかり東京でも定着したが、なぜ視聴者はチャンネルを合わせてしまうのか。ミヤネ屋パワーの秘密を聞いた。

 ◇  ◇  ◇

 全国キー局に比べたら予算は3分の1、人員は2分の1、全国ネットの報道番組としては「ミヤネ屋」はかなり小規模。その中で視聴者が今、一番関心のあるものにフォーカスすることに徹底しているのはずっと変わりません。朝のワイドショーは昨日のまとめが中心ですが、14時から16時という時間帯は、裁判の判決が出たり、国会や議会、都知事の定例会見、事故が起こる。つまり、事件が起こる時間なんです。これを宮根さんが鮮やかに料理するライブ感が醍醐味です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る