ミヤネ屋生みの親が語る 平日午後ワイドショー戦線の熾烈

公開日: 更新日:

 大阪発、“浪速のみのもんた”こと宮根誠司(53)がMCを務める午後の報道ワイドショー「情報ライブ ミヤネ屋」を作った担当部長で、現在は番組の解説委員を務めるのが読売テレビの春川正明氏。放送開始から10年、すっかり東京でも定着したが、なぜ視聴者はチャンネルを合わせてしまうのか。ミヤネ屋パワーの秘密を聞いた。

 ◇  ◇  ◇

 全国キー局に比べたら予算は3分の1、人員は2分の1、全国ネットの報道番組としては「ミヤネ屋」はかなり小規模。その中で視聴者が今、一番関心のあるものにフォーカスすることに徹底しているのはずっと変わりません。朝のワイドショーは昨日のまとめが中心ですが、14時から16時という時間帯は、裁判の判決が出たり、国会や議会、都知事の定例会見、事故が起こる。つまり、事件が起こる時間なんです。これを宮根さんが鮮やかに料理するライブ感が醍醐味です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  9. 9

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る