いまだ紅白落選に恨み節 和田アキ子の屈折したラブコール

公開日: 更新日:

■芸能生活50周年で狙う返り咲き

 当時の選考について、「世代交代を支持する局内の声が強まったから」などとするNHK関係者のコメントが一部で報じられた。

「大手芸能プロやレコード会社との付き合いでがんじがらめになっている部長だかが異動となり、そのタイミングを使って、いつも同じ顔触れとなっているベテラン歌手の一角を崩そうとなったらしい」(前出の放送記者)という。

「それでNHKは秋口に落選の通達を内々にしたそうですけど、出場40回目のかかる和田サイドは諦め切れない。NHKへの貢献度などをかさに着て、紅白卒業の花道を飾りたいなどとゴリ押ししたみたいです。実はこの前年も落選候補に挙がっていたのですが、同じ事務所の綾瀬はるかが司会を務めたため、そのバーターで生き残ったともっぱら。昨年も事務所の後輩で、朝ドラ『とと姉ちゃん』のヒロイン高畑充希に司会の話があり、そのバーターを狙ったようですが、結局は有村架純になってしまい工作は不発に終わった」(芸能界事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  2. 2

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  6. 6

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  9. 9

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

  10. 10

    ワークマン人気に群がるTV各局の安直な発想とそっくり演出

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る