共謀罪に憲法改正…ナチス映画が暗示する日本の近未来図

公開日: 更新日:

 厳戒態勢下の暗い社会で、爪に火をともすような毎日を送る中年夫婦のもとに一通の封書が届く。最愛のひとり息子が戦死したのだ。悲嘆と絶望。それは息子の命を奪った暴君への怒りへと転化していくが、暴君や政権への不満分子と周囲に見られただけで、命取り。黙って下を向いて、じっと耐え忍ぶだけなのか――。

 安倍政権を野放しにしたらどうなるか。すぐちょっと先の日本社会を思わずにいられない暗黒社会。第2次世界大戦、ナチス独裁政権下のドイツを舞台にした映画「ヒトラーへの285枚の葉書」である。ある日、主人公の夫はハガキにこうしたためて、街角にそっと置いておくようになる。「現政権での幸せはない」「人殺しヒトラーを止めろ」「政権を倒せ、加担するな」……。これはすぐさま秘密警察の知るところとなり、捜査網が敷かれ、じわじわと狭まっていく。それでも夫婦はレジスタンスを止めない。そして、無残な結末へと突き進んでしまう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  4. 4

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  5. 5

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  6. 6

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  9. 9

    不祥事連発ジャニーズJr. “22歳活動終了制度”導入の波紋

  10. 10

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

もっと見る