映画新作ロケですすきのパニック 大泉洋の経済効果は?

公開日:

「いや~、凄いのなんの。現場は黒い人だかりで一時、パニック状態でしたよ」(地元住民)

 日本三大歓楽街のひとつ、札幌・すすきので19日夜、ちょっとした騒ぎが勃発したという。酔っぱらいのケンカの類いではない。地元・北海道出身の超売れっ子俳優、大泉洋(43)主演の映画「探偵はBARにいる3」(今冬公開)の撮影が行われ、界隈は老若男女のヤジ馬でゴッタ返したというのだ。この日はヒロインの北川景子(30)と大泉の2人が数十人のエキストラとともに夜のすすきのを闊歩するシーンを撮影。入念なリハーサルと打ち合わせが功を奏したのだろう。本番は“一発OK”で、2人は黄色い歓声を浴びながら風のように去って行ったという。

 道内のローカル俳優だった大泉を一躍、全国区に押し上げた「探偵はBAR」シリーズ。11年公開の1作目では日本アカデミー賞の優秀主演男優賞をゲットし、興行的にも12億円超のスマッシュヒット。名実ともに評価を受けた作品だ。しかも、物語の舞台である北海道も大盛り上がりで、「過去2作品が公開されたときは、ロケ地界隈の飲食店はファンらによる“巡礼”効果でウハウハだった」(地元飲食店オーナー)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る