シン・ゴジラ超え評価も 映画「キングコング」何が凄い?

公開日:

 昨年の大ヒット映画「シン・ゴジラ」を超えるのではないか――。25日に公開された怪獣映画「キングコング:髑髏島の巨神」のことだ。キングコングの迫力やその暴れっぷり、抜群のストーリー展開で、各方面から絶賛する声が相次いでいる。

 もともと「キングコング」は1933年に公開された映画史に残る不朽の名作。今回はハリウッド版「GODZILLA(ゴジラ)」のチームが集結し、1933年版とは違ったオリジナルの作品を作り上げた。迫力ある怪獣映画というだけではなく、映画「地獄の黙示録」などへの“オマージュ”もあり、映画マニアも納得させる内容だ。映画批評家の前田有一氏がこう言う。

「冒頭から、今までの“キングコング像”を覆していて、製作陣の意気込みを感じます。キングコング自体も以前より巨大になっていて、迫力が違う。内容は見せ場の連続で、途中からストーリーもガラリと変わってくる。2本分の映画を見たような感覚です。『シン・ゴジラ』が大人向けの怪獣映画だとしたら、『キングコング』は子供も含めた万人向けの怪獣映画でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る