シン・ゴジラ超え評価も 映画「キングコング」何が凄い?

公開日: 更新日:

 昨年の大ヒット映画「シン・ゴジラ」を超えるのではないか――。25日に公開された怪獣映画「キングコング:髑髏島の巨神」のことだ。キングコングの迫力やその暴れっぷり、抜群のストーリー展開で、各方面から絶賛する声が相次いでいる。

 もともと「キングコング」は1933年に公開された映画史に残る不朽の名作。今回はハリウッド版「GODZILLA(ゴジラ)」のチームが集結し、1933年版とは違ったオリジナルの作品を作り上げた。迫力ある怪獣映画というだけではなく、映画「地獄の黙示録」などへの“オマージュ”もあり、映画マニアも納得させる内容だ。映画批評家の前田有一氏がこう言う。

「冒頭から、今までの“キングコング像”を覆していて、製作陣の意気込みを感じます。キングコング自体も以前より巨大になっていて、迫力が違う。内容は見せ場の連続で、途中からストーリーもガラリと変わってくる。2本分の映画を見たような感覚です。『シン・ゴジラ』が大人向けの怪獣映画だとしたら、『キングコング』は子供も含めた万人向けの怪獣映画でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る