日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

シン・ゴジラ超え評価も 映画「キングコング」何が凄い?

 昨年の大ヒット映画「シン・ゴジラ」を超えるのではないか――。25日に公開された怪獣映画「キングコング:髑髏島の巨神」のことだ。キングコングの迫力やその暴れっぷり、抜群のストーリー展開で、各方面から絶賛する声が相次いでいる。

 もともと「キングコング」は1933年に公開された映画史に残る不朽の名作。今回はハリウッド版「GODZILLA(ゴジラ)」のチームが集結し、1933年版とは違ったオリジナルの作品を作り上げた。迫力ある怪獣映画というだけではなく、映画「地獄の黙示録」などへの“オマージュ”もあり、映画マニアも納得させる内容だ。映画批評家の前田有一氏がこう言う。

「冒頭から、今までの“キングコング像”を覆していて、製作陣の意気込みを感じます。キングコング自体も以前より巨大になっていて、迫力が違う。内容は見せ場の連続で、途中からストーリーもガラリと変わってくる。2本分の映画を見たような感覚です。『シン・ゴジラ』が大人向けの怪獣映画だとしたら、『キングコング』は子供も含めた万人向けの怪獣映画でしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事