「宇宙の先輩です」満島ひかりが“黒柳徹子愛”明かす

公開日: 更新日:

「私が(黒柳)徹子です、とやっていました」

 満島ひかり(31)がこう語った「第54回ギャラクシー賞」(NPO放送批評懇談会)の贈賞式が1日に行われた。タレントや番組を表彰する「テレビ部門」の「個人賞」を受賞した満島は着物姿で登壇。贈賞理由は「トットてれび」(NHK)と「カルテット」(TBS系)などが評価されたことだが、会場を笑わせたのは黒柳徹子を描いた「トットてれび」でのエピソードだった。

「黒柳徹子さんは日本中の誰もが知っている国民的な大スターなので、その方を目の前にして人生を全部やるとなると、やっぱりどんなにやってもたどり着けない感じがして大変でしたけれど、でも、“スタッフを脅かしてやろうよ”と思ってやってました」

 そのために「モノマネをしない」で「私が徹子だ」と意を決して演じたという。会場には黒柳のビデオメッセージも届けられ、「今度またおいしいものでも食べていろんなお話をしましょう」と言われると、満島からはこんなコメントが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    山口真帆は“手打ち”で出演 NGT48千秋楽公演は大荒れ必至?

  3. 3

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  4. 4

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  5. 5

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  6. 6

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  7. 7

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  8. 8

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  9. 9

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  10. 10

    中日・根尾は大学を経てからのプロ入りでもよかったのでは

もっと見る