「宇宙の先輩です」満島ひかりが“黒柳徹子愛”明かす

公開日: 更新日:

「私が(黒柳)徹子です、とやっていました」

 満島ひかり(31)がこう語った「第54回ギャラクシー賞」(NPO放送批評懇談会)の贈賞式が1日に行われた。タレントや番組を表彰する「テレビ部門」の「個人賞」を受賞した満島は着物姿で登壇。贈賞理由は「トットてれび」(NHK)と「カルテット」(TBS系)などが評価されたことだが、会場を笑わせたのは黒柳徹子を描いた「トットてれび」でのエピソードだった。

「黒柳徹子さんは日本中の誰もが知っている国民的な大スターなので、その方を目の前にして人生を全部やるとなると、やっぱりどんなにやってもたどり着けない感じがして大変でしたけれど、でも、“スタッフを脅かしてやろうよ”と思ってやってました」

 そのために「モノマネをしない」で「私が徹子だ」と意を決して演じたという。会場には黒柳のビデオメッセージも届けられ、「今度またおいしいものでも食べていろんなお話をしましょう」と言われると、満島からはこんなコメントが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  3. 3

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  4. 4

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  5. 5

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  8. 8

    キヤノン御手洗冨士夫CEO 社長時代の栄光と持論は今いずこ

  9. 9

    久光製薬 中冨博隆会長 頼りはやっぱり「サロンパス」

  10. 10

    朝日・産経は過去に賭け麻雀追及 黒川氏“雀友”3人の責任は

もっと見る