伸び悩む「ONE PIECE」 満島ひかりの“声”フィットせず?

公開日:  更新日:

 劇場版第13作となった「ONE PIECE FILM GOLD」(東映)が、今夏ナンバーワンの滑り出しを見せ、話題になっている。

 7月23日の公開から4日間で100万人を動員し、興行収入15億円を突破。競合の中で本命視されているディズニー&ピクサーの「ファインディング・ドリー」以上のハイスピードで結果を出しているとなれば、大健闘といえるだろう。

 だが、100万人の大台達成でも、製作陣はもろ手を挙げて喜べないという。劇場版シリーズ最高の最終興収68.7億円をマークした前作「ONE PIECE FILM Z」(12年)と比べると、「80~90%の出だし。冬休み前の封切りだった前作に対し、今作は夏休み期間中。前作より好条件のオープニングなのに客足は下回り、先行きは不安といえる」(映画興行関係者)。

 今後の巻き返しのカギを握るのは、観客らによる口コミだ。原作者の尾田氏が劇場版にも総製作指揮者などとして深く関わるようになってからは、入場者向けの限定ノベルティーがお約束となった。グッズ欲しさに映画を見るという人も少なくなく、今回の限定コミックと作者描き下ろしのトランプは早くもネットで転売される事態となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

  10. 10

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

もっと見る