• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

妻の三行半がマイナスに ASKA再始動でも険しい復帰への道

 歌手のASKA(59)が活発に動き始めた。16日には都内でミュージックビデオの収録を公開。東京オリンピックをイメージしたという楽曲も公開した。17日はフジテレビ系「ノンストップ!」などで、覚醒剤使用を赤裸々に告白したのだが、本当に依存から抜け出せるのか、疑問が残るような内容だった。

 覚醒剤を目の冴える薬だと聞いていたというASKAは「覚醒剤が切れる時は、2日か3日間、ずっと起きられないんです。仕事に行く時に起きられない状態じゃまずい、結果的にまた使用してしまうんです」と吐露している。

 ASKAは2014年9月に覚醒剤取締法違反で逮捕され、懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受けた。16年11月にも覚醒剤使用容疑で逮捕されたが、嫌疑不十分で不起訴処分となっている。

「ノンストップ!」でのインタビューでは、チャゲとの「Chage and ASKA」再結成について「ないです。今やるのは不自然」とキッパリと否定したASKA。先月には30年連れ添った妻と離婚したばかりだ。薬物依存から抜け出すには、周囲のサポートが不可欠といわれるのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事