ASKA逮捕前に大騒ぎ のりピー元夫が口にした“大物の疑惑”

公開日:  更新日:

「ASKAなの? Tの間違いじゃないのか?」

 ASKA容疑者(58)の逮捕速報が流れる直前の28日(月)午前、社会部記者たちは耳を疑った。その2日前の26日午後から、ある大物芸能人の“逮捕情報”が流れ、大急ぎで確認に追われていたためだ。

「きっかけは酒井法子の元夫・高相祐一容疑者が11月18日に3度目の逮捕をされたことです。薬物疑惑が噂される芸能人の名前は多数あがっていますが、“のりピーではない大物タレント”の名前を高相が口にしているという情報が流れて大騒ぎになったのです」(全国紙社会部記者)

 ASKAに匹敵する有名ミュージシャン、人気アイドル、大物女優たちの名前が浮上しては消え、最終的に残ったのが「T」だった。

「バラエティーの司会も務めるベテランの大物タレントです。数年前に薬物使用を示唆する記事が出たことがあります。Tは癒やし系キャラで知られ、とても薬物とは結びつかない。もし疑惑が立件されたら、芸能界にメガトン級の爆弾が落ちるところでした」(前出の社会部記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る