二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

不倫でCM失うも 斉藤由貴は女優を続けることに意義がある

公開日:

 スキャンダル報道で最終的に対応するのが所属事務所。追及する週刊誌とタレントを守ろうとする事務所。「うちのタレントを潰す気かー」とよく言われた。スキャンダルは決して「タレントを潰す目的で報じるわけではない」と応じた。旧知の俳優の言葉を借りれば、「スキャンダルぐらいで潰れるのは、まだ芸能人としての確かな力ができていないから」となる。

 確かに、故・三船敏郎(愛人問題)、勝新太郎(麻薬事件)もスキャンダルなどはねのける芸の力と人気があった。

 時代は変わったとはいえ、最近の不倫報道では窮地に追い込まれる芸能人が目に付く。第一報となる週刊誌は詳細な事実関係と当人の直撃でロープ際まで追い詰めるが、「言い逃れの嘘」でダウンは免れる。そこにワイドショーが飛びつき連日、執拗に報道を繰り返す風潮にある。

「昔はワイドショーも独自のスクープに意欲を燃やしたが、今や週刊誌のふんどしで相撲を取るのが当たり前になっている」と元テレビ局員が嘆けば、芸能事務所幹部はこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る