二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

不倫でCM失うも 斉藤由貴は女優を続けることに意義がある

公開日:

 スキャンダル報道で最終的に対応するのが所属事務所。追及する週刊誌とタレントを守ろうとする事務所。「うちのタレントを潰す気かー」とよく言われた。スキャンダルは決して「タレントを潰す目的で報じるわけではない」と応じた。旧知の俳優の言葉を借りれば、「スキャンダルぐらいで潰れるのは、まだ芸能人としての確かな力ができていないから」となる。

 確かに、故・三船敏郎(愛人問題)、勝新太郎(麻薬事件)もスキャンダルなどはねのける芸の力と人気があった。

 時代は変わったとはいえ、最近の不倫報道では窮地に追い込まれる芸能人が目に付く。第一報となる週刊誌は詳細な事実関係と当人の直撃でロープ際まで追い詰めるが、「言い逃れの嘘」でダウンは免れる。そこにワイドショーが飛びつき連日、執拗に報道を繰り返す風潮にある。

「昔はワイドショーも独自のスクープに意欲を燃やしたが、今や週刊誌のふんどしで相撲を取るのが当たり前になっている」と元テレビ局員が嘆けば、芸能事務所幹部はこう話す。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る