“賞特需”でオファー殺到 女優・鈴木紗理奈は株ストップ高

公開日:

 今年7月にスペインで開催されたマドリード国際映画祭で「最優秀外国映画主演女優賞」に輝いたタレントの鈴木紗理奈(40)の株がストップ高だ。映画初主演作「キセキの葉書」(ジャッキー・ウー監督、11月4日公開)の演技が評価され、凱旋帰国を果たすと“賞特需”で情報番組へ出演するなど順調そのもの。

 しかし、それ以上に「凄まじい勢いで女子力がアップしている。彼女はもともと流行に敏感なタイプですが、この日も赤いリップを引いた秋の流行メークを取り入れ、いつも以上にきらきらと輝いていました。同世代の女性から共感や好感を持たれるタレントさんになりましたよね」(女性誌編集者)。

 24日の完成披露上映会では、「本当に感性が鋭い」と共演者のひとりでベテラン女優の赤座美代子(73)やジャッキー監督からベタ褒めされていた紗理奈。今作では、脳性まひの娘と認知症とうつ病を併発した郷里の母親に挟まれながらも、ひたむきに生きる女性に挑んだ。ただでさえ「女優の経験が浅い」と本人が明かすように、役作りは一筋縄ではいかなかったはずだ。上映会の最後には涙を流しながら、こう締めくくった。

「私事でごめんなさい……。子育てしながら仕事をする中で、母に支えてもらって頑張る日々がありました。今回賞が取れてお母さんにも恩返しができました」

 働くシングルマザーのかがみとしてポジションの確立なるか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る