元フジ長野智子アナは“フリーで報道キャスター”の成功例

公開日: 更新日:

 報道で活躍中の長野智子は80年代は“ひょうきんアナ”として人気者だった。

 米国ニュージャージー出身、上智大卒で85年入社。円高不況を経てバブル景気が盛り上がり始めた同年はシャネルが売れ、おニャン子クラブ、写真週刊誌、ドラマ「金妻」の不倫までもがブームとなり、軽~い時代が到来していた。

 女子アナブームを起こしたフジテレビは、お笑いバラエティー「オレたち!ひょうきん族」に女子アナを起用した。初代は山村美智子(60、現山村美智)、2代目は寺田理恵子(56)、3代目ひょうきんアナに長野が抜擢された。

 芸人に突っ込まれても「何がですか~?」「そうでしたっけ?」などとおどけ、サラリとかわしながら、きっちりと進行し、バカなフリをして機転を利かせるタイプだった。コーナーのエンディングで西川のりおだかの芸人にケツを触られても、「また!……キャー! また来週!」とちゃんと番組を締めた。そもそも当時は本番中に芸人が女子アナのオッパイを揉んでも問題にならないスゴイ時代だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカの再生に尽力も水泡…“実姉”蜷川実花監督の慟哭

  2. 2

    沢尻エリカ逮捕に長谷川博己の胸中は…事務所担当者が語る

  3. 3

    取締役と2度会食 安倍事務所がニューオータニを“口封じ”か

  4. 4

    女子プロ随一の人格者・笠りつ子の暴言騒動に「意外」の声

  5. 5

    「元ミヤネ屋」巨人春川国際部長 たった7カ月で“お払い箱”

  6. 6

    プロ意識欠如し誘惑に負け…沢尻エリカと剛力彩芽の共通項

  7. 7

    美馬に続き鈴木にもフラれ…巨人FA2連敗が“怪我の功名”に

  8. 8

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  9. 9

    ウッズ歴代最多Vの偉業を日本で 賞金以外にいくら稼いだか

  10. 10

    今度はパワハラ裁判 たけしを悩ます老いらくの恋の“代償”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る