元フジ長野智子アナは“フリーで報道キャスター”の成功例

公開日:

 報道で活躍中の長野智子は80年代は“ひょうきんアナ”として人気者だった。

 米国ニュージャージー出身、上智大卒で85年入社。円高不況を経てバブル景気が盛り上がり始めた同年はシャネルが売れ、おニャン子クラブ、写真週刊誌、ドラマ「金妻」の不倫までもがブームとなり、軽~い時代が到来していた。

 女子アナブームを起こしたフジテレビは、お笑いバラエティー「オレたち!ひょうきん族」に女子アナを起用した。初代は山村美智子(60、現山村美智)、2代目は寺田理恵子(56)、3代目ひょうきんアナに長野が抜擢された。

 芸人に突っ込まれても「何がですか~?」「そうでしたっけ?」などとおどけ、サラリとかわしながら、きっちりと進行し、バカなフリをして機転を利かせるタイプだった。コーナーのエンディングで西川のりおだかの芸人にケツを触られても、「また!……キャー! また来週!」とちゃんと番組を締めた。そもそも当時は本番中に芸人が女子アナのオッパイを揉んでも問題にならないスゴイ時代だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  9. 9

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  10. 10

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

もっと見る