元フジ長野智子アナは“フリーで報道キャスター”の成功例

公開日:

 報道で活躍中の長野智子は80年代は“ひょうきんアナ”として人気者だった。

 米国ニュージャージー出身、上智大卒で85年入社。円高不況を経てバブル景気が盛り上がり始めた同年はシャネルが売れ、おニャン子クラブ、写真週刊誌、ドラマ「金妻」の不倫までもがブームとなり、軽~い時代が到来していた。

 女子アナブームを起こしたフジテレビは、お笑いバラエティー「オレたち!ひょうきん族」に女子アナを起用した。初代は山村美智子(60、現山村美智)、2代目は寺田理恵子(56)、3代目ひょうきんアナに長野が抜擢された。

 芸人に突っ込まれても「何がですか~?」「そうでしたっけ?」などとおどけ、サラリとかわしながら、きっちりと進行し、バカなフリをして機転を利かせるタイプだった。コーナーのエンディングで西川のりおだかの芸人にケツを触られても、「また!……キャー! また来週!」とちゃんと番組を締めた。そもそも当時は本番中に芸人が女子アナのオッパイを揉んでも問題にならないスゴイ時代だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る