事務所は手つかず…「このハゲェー!」豊田真由子氏は今

公開日:

「このハゲェ~!」「違うだろ~ッ!」

 “絶叫”が耳にこびりついて離れない豊田真由子前衆院議員(43)。元秘書の男性への暴言と暴行が発覚してから約4カ月後の総選挙で、開票と同時に落選が決まったが、どうしているのか。東武東上線の志木駅から徒歩5分のところにある事務所を訪ねてみた。

 ピンク色のカーテンに閉ざされているが、外観は選挙当時のまま。本人の写真や、「とよた真由子」と書かれた看板が。事務所前の道を行き交う車から、時折、顔をのぞかせて看板を見る人もいた。明かりはついているものの、インターホンを押しても反応ナシ。事務所をよく知る関係者がこう明かす。

「選挙後の残務処理があるので、事務所は借りたままになっているようですね。豊田さんの政治生命を“看取った”公設秘書が、今は私設秘書として出入りしているんじゃないかなあ。ビルのオーナー関係者は、早く出て行ってもらいたいようだけど……豊田さんは次の選挙に出るつもりで借りている可能性がある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る