事務所は手つかず…「このハゲェー!」豊田真由子氏は今

公開日:

「このハゲェ~!」「違うだろ~ッ!」

 “絶叫”が耳にこびりついて離れない豊田真由子前衆院議員(43)。元秘書の男性への暴言と暴行が発覚してから約4カ月後の総選挙で、開票と同時に落選が決まったが、どうしているのか。東武東上線の志木駅から徒歩5分のところにある事務所を訪ねてみた。

 ピンク色のカーテンに閉ざされているが、外観は選挙当時のまま。本人の写真や、「とよた真由子」と書かれた看板が。事務所前の道を行き交う車から、時折、顔をのぞかせて看板を見る人もいた。明かりはついているものの、インターホンを押しても反応ナシ。事務所をよく知る関係者がこう明かす。

「選挙後の残務処理があるので、事務所は借りたままになっているようですね。豊田さんの政治生命を“看取った”公設秘書が、今は私設秘書として出入りしているんじゃないかなあ。ビルのオーナー関係者は、早く出て行ってもらいたいようだけど……豊田さんは次の選挙に出るつもりで借りている可能性がある」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る