パワハラ疑惑の豊田議員 謝罪会見で語った“ハゲ夫”への愛

公開日:

 珍問答の連続だった。「このハゲェーー!」発言で一躍時の人となった元自民の豊田真由子衆院議員(42)が18日、地元・埼玉県新座市で支援者の会合に出席。パワハラ暴行騒動から約3カ月、ようやく公の場で謝罪と釈明をした後、会見を開いた。

 会見の冒頭で時折、涙をにじませながら元秘書や支援者、事務所関係者に何度も謝罪したが、記者から暴言・暴行の事実を質問されると「自分でもどうかしていたとしか思えない」「(暴行について)事実でないことは事実ではないと警察に申し上げた」と繰り返した。あの“異常なハイテンション”は豊田議員自身も信じられないというのだ。

 オドロキは会見終盤。「このハゲェーー!」はどういう心境で発したのかと問われ、豊田議員は「我を失っていて」と前置きした上でこう続けた。

「うちの夫も割とそういう(ハゲ)ところがありまして……といっても私はそんな夫が大好きで、治さなくていい、そのままでいいと、言っています。(ハゲの人を)見下しているのではないなって……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る