豊田議員はハゲ暴言 パワハラがやめられない人の心理学

公開日: 更新日:

 豊田真由子センセイの絶叫パワハラが話題になる中、福島県警で“オトコ版真由子”が停職3カ月の懲戒処分を受けた。

 処分されたのは災害対策課に勤務する36歳の警部補。2015年4月から16年11月まで、部下にあんかけ料理をかけ、尻を蹴飛ばし、頭をバリカンで丸刈りにするなどの行為をしていた。

「15年4月に巡査部長から警部補に昇進。部下が11人に増えたため、“自分のほうが立場が上だ”と権力を誇示したようです。食べ残しのカップ麺のスープを飲ませたこともあった。被害者は11人。警部補は“自分は偉いと錯覚し、調子に乗っていた”と反省しています」(地元関係者)

■「私の支持者を怒らせるな!」に込められたエゴ

 政策秘書を「このハゲー!」と怒鳴った豊田議員もこの警部補も立場を悪用してやり放題。なぜこうなるのか。明大講師の関修氏(心理学)が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  5. 5

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  9. 9

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  10. 10

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る