豊田議員はハゲ暴言 パワハラがやめられない人の心理学

公開日:

 豊田真由子センセイの絶叫パワハラが話題になる中、福島県警で“オトコ版真由子”が停職3カ月の懲戒処分を受けた。

 処分されたのは災害対策課に勤務する36歳の警部補。2015年4月から16年11月まで、部下にあんかけ料理をかけ、尻を蹴飛ばし、頭をバリカンで丸刈りにするなどの行為をしていた。

「15年4月に巡査部長から警部補に昇進。部下が11人に増えたため、“自分のほうが立場が上だ”と権力を誇示したようです。食べ残しのカップ麺のスープを飲ませたこともあった。被害者は11人。警部補は“自分は偉いと錯覚し、調子に乗っていた”と反省しています」(地元関係者)

■「私の支持者を怒らせるな!」に込められたエゴ

 政策秘書を「このハゲー!」と怒鳴った豊田議員もこの警部補も立場を悪用してやり放題。なぜこうなるのか。明大講師の関修氏(心理学)が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る