豊田議員はハゲ暴言 パワハラがやめられない人の心理学

公開日:

 豊田真由子センセイの絶叫パワハラが話題になる中、福島県警で“オトコ版真由子”が停職3カ月の懲戒処分を受けた。

 処分されたのは災害対策課に勤務する36歳の警部補。2015年4月から16年11月まで、部下にあんかけ料理をかけ、尻を蹴飛ばし、頭をバリカンで丸刈りにするなどの行為をしていた。

「15年4月に巡査部長から警部補に昇進。部下が11人に増えたため、“自分のほうが立場が上だ”と権力を誇示したようです。食べ残しのカップ麺のスープを飲ませたこともあった。被害者は11人。警部補は“自分は偉いと錯覚し、調子に乗っていた”と反省しています」(地元関係者)

■「私の支持者を怒らせるな!」に込められたエゴ

 政策秘書を「このハゲー!」と怒鳴った豊田議員もこの警部補も立場を悪用してやり放題。なぜこうなるのか。明大講師の関修氏(心理学)が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る