豊田議員だけじゃない 「会話が録音される」時代の心構え

公開日:

《やっぱりね~、勉強ができない人ってのは字を書くのも遅いんだね。おまけにねえ、遅いくせにヘタだわ》

《ああ、いつものダメな人たちね。ダメな人生、いい加減やめようと思いません?》

 他人を小バカにしたような中年女性の声。アノ豊田真由子議員(42)ではない。4年前に発覚した、調布市の小学校の女性教諭が2年生の児童に吐いた暴言だ。

《このハゲェェー!!》《バカかおまえは! 生きている価値ないだろ~》の豊田議員とまったく別人ながら、どこか同類のニオイがする。

 実は、豊田議員も女性教諭も同じ東大出身。もうひとつの共通点が、会話を“録音”され、グウの音も出なくなったことだ。

 女性教諭も当初、教育委員会に対し、「子どもがウソを言っている。勘違いした」と開き直っていたが、証拠の録音テープを突き付けられて反論できず。先に“夏休み”に入ってしまった豊田議員も一緒だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

もっと見る