愛人に応募指示 桂文枝「喜楽館」命名疑惑に逃げの一手

公開日:

「さすがに今回はアウトだろう」との声が関係者からも上がっているのが桂文枝(74)。

 昨年報じられ、騒動になった56歳の日舞師範の女性との不倫疑惑は何となくウヤムヤになっていたが、今回新たに新疑惑が浮上。兵庫県と神戸市から計1億円の助成金を受け、神戸・新開地に今夏開場予定の演芸場の名称をめぐる一般公募。これに上方落語協会会長として選考に携わった際、この女性に名称を伝えて応募させていたと週刊現代が報じたのである。

 名称の公募には1046通の応募があり、昨年8月に名称が発表となったが、「神戸新開地・喜楽館」に決まった正式名称は文枝の愛人とみられる女性が応募したものだったというのだ。

 さすがに、「どうなっているんだ?」との批判が集まり、文枝と名称決定を行った「新開地まちづくりNPO」の高四代理事長(70)が23日に会見。高氏は「応募の中から厳正に選びました」と言ったが、選考の場で文枝が「喜楽」の名をプッシュしていたことを認めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    巨額税収減に負け惜しみ連発…小池知事がさらけ出した無能

  3. 3

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  4. 4

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  5. 5

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  6. 6

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  7. 7

    世論調査で内閣支持率一斉下落…肝いり政策がそろって不評

  8. 8

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  9. 9

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  10. 10

    数字残して当たり前…阪神FA西に浴びせられるドギツい洗礼

もっと見る