愛人に応募指示 桂文枝「喜楽館」命名疑惑に逃げの一手

公開日: 更新日:

「さすがに今回はアウトだろう」との声が関係者からも上がっているのが桂文枝(74)。

 昨年報じられ、騒動になった56歳の日舞師範の女性との不倫疑惑は何となくウヤムヤになっていたが、今回新たに新疑惑が浮上。兵庫県と神戸市から計1億円の助成金を受け、神戸・新開地に今夏開場予定の演芸場の名称をめぐる一般公募。これに上方落語協会会長として選考に携わった際、この女性に名称を伝えて応募させていたと週刊現代が報じたのである。

 名称の公募には1046通の応募があり、昨年8月に名称が発表となったが、「神戸新開地・喜楽館」に決まった正式名称は文枝の愛人とみられる女性が応募したものだったというのだ。

 さすがに、「どうなっているんだ?」との批判が集まり、文枝と名称決定を行った「新開地まちづくりNPO」の高四代理事長(70)が23日に会見。高氏は「応募の中から厳正に選びました」と言ったが、選考の場で文枝が「喜楽」の名をプッシュしていたことを認めた。

 さらに文枝が知人女性に応募させたとされることについても「聞いていない」としつつ、「聞いていれば問題になる。公募のルールに直接違反しないが、モラル的な問題はあると思う」と語った。

 深まる文枝への疑惑と不信感。文枝からは「ご迷惑をおかけしました」との連絡はあったが、報道に対する説明や釈明はなかったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?