愛人に応募指示 桂文枝「喜楽館」命名疑惑に逃げの一手

公開日: 更新日:

「さすがに今回はアウトだろう」との声が関係者からも上がっているのが桂文枝(74)。

 昨年報じられ、騒動になった56歳の日舞師範の女性との不倫疑惑は何となくウヤムヤになっていたが、今回新たに新疑惑が浮上。兵庫県と神戸市から計1億円の助成金を受け、神戸・新開地に今夏開場予定の演芸場の名称をめぐる一般公募。これに上方落語協会会長として選考に携わった際、この女性に名称を伝えて応募させていたと週刊現代が報じたのである。

 名称の公募には1046通の応募があり、昨年8月に名称が発表となったが、「神戸新開地・喜楽館」に決まった正式名称は文枝の愛人とみられる女性が応募したものだったというのだ。

 さすがに、「どうなっているんだ?」との批判が集まり、文枝と名称決定を行った「新開地まちづくりNPO」の高四代理事長(70)が23日に会見。高氏は「応募の中から厳正に選びました」と言ったが、選考の場で文枝が「喜楽」の名をプッシュしていたことを認めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    広瀬すずにもNHKピリピリ…朝ドラ主演の過酷さと監督事情

  3. 3

    「昭和の人間ですが」中森明菜が平成最後に綴る手紙の悲痛

  4. 4

    化粧しっかり…松嶋菜々子「なつぞら」の"雪肌"に違和感

  5. 5

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

  6. 6

    「なつぞら」広瀬すず友達役…富田望生は“視聴率の女神”か

  7. 7

    あんだけ体重があるのに大阪桐蔭の西谷監督はフットワークが軽い

  8. 8

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  9. 9

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  10. 10

    「なつぞら」高畑淳子 "テンション高め"の演技に懸念浮上

もっと見る