• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

愛人に応募指示 桂文枝「喜楽館」命名疑惑に逃げの一手

「さすがに今回はアウトだろう」との声が関係者からも上がっているのが桂文枝(74)。

 昨年報じられ、騒動になった56歳の日舞師範の女性との不倫疑惑は何となくウヤムヤになっていたが、今回新たに新疑惑が浮上。兵庫県と神戸市から計1億円の助成金を受け、神戸・新開地に今夏開場予定の演芸場の名称をめぐる一般公募。これに上方落語協会会長として選考に携わった際、この女性に名称を伝えて応募させていたと週刊現代が報じたのである。

 名称の公募には1046通の応募があり、昨年8月に名称が発表となったが、「神戸新開地・喜楽館」に決まった正式名称は文枝の愛人とみられる女性が応募したものだったというのだ。

 さすがに、「どうなっているんだ?」との批判が集まり、文枝と名称決定を行った「新開地まちづくりNPO」の高四代理事長(70)が23日に会見。高氏は「応募の中から厳正に選びました」と言ったが、選考の場で文枝が「喜楽」の名をプッシュしていたことを認めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る