• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

福山雅治主演「三度目の殺人」 是枝監督が明かす撮影秘話

「普段撮ってるホームドラマとはワケが違うので、今回ばかりは自分の中のリミッターを外さないとできない作品でした」

 初めて手がけた法廷サスペンス「三度目の殺人」が、開催中のベネチア国際映画祭コンペ部門に正式出品されている是枝裕和監督(55)。最高傑作といわれるほど評価が高く、最高賞となる金獅子賞受賞も期待される中、その思いを聞いた。

「普通なら法律監修として1人の弁護士にお願いして、専門用語のチェックをしてもらう程度です。しかし本作には7人の弁護士さんに、脚本作りの段階から参加してもらいました。具体的にはまず大学の法廷教室を借りて模擬裁判をやった。その中で、もしここで被告人が否認したら? などのシミュレーションをいくつも行って、それを5カメで撮影したのを文字起こしして脚本化しています。半年間に10回ほどやって、そのほか接見室の場面もすべて協力してもらっています。ここまで厳密に作られた法廷映画は邦画初だと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る