• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

福山雅治主演「三度目の殺人」 是枝監督が明かす撮影秘話

「普段撮ってるホームドラマとはワケが違うので、今回ばかりは自分の中のリミッターを外さないとできない作品でした」

 初めて手がけた法廷サスペンス「三度目の殺人」が、開催中のベネチア国際映画祭コンペ部門に正式出品されている是枝裕和監督(55)。最高傑作といわれるほど評価が高く、最高賞となる金獅子賞受賞も期待される中、その思いを聞いた。

「普通なら法律監修として1人の弁護士にお願いして、専門用語のチェックをしてもらう程度です。しかし本作には7人の弁護士さんに、脚本作りの段階から参加してもらいました。具体的にはまず大学の法廷教室を借りて模擬裁判をやった。その中で、もしここで被告人が否認したら? などのシミュレーションをいくつも行って、それを5カメで撮影したのを文字起こしして脚本化しています。半年間に10回ほどやって、そのほか接見室の場面もすべて協力してもらっています。ここまで厳密に作られた法廷映画は邦画初だと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る