福山雅治主演「三度目の殺人」 是枝監督が明かす撮影秘話

公開日:

「普段撮ってるホームドラマとはワケが違うので、今回ばかりは自分の中のリミッターを外さないとできない作品でした」

 初めて手がけた法廷サスペンス「三度目の殺人」が、開催中のベネチア国際映画祭コンペ部門に正式出品されている是枝裕和監督(55)。最高傑作といわれるほど評価が高く、最高賞となる金獅子賞受賞も期待される中、その思いを聞いた。

「普通なら法律監修として1人の弁護士にお願いして、専門用語のチェックをしてもらう程度です。しかし本作には7人の弁護士さんに、脚本作りの段階から参加してもらいました。具体的にはまず大学の法廷教室を借りて模擬裁判をやった。その中で、もしここで被告人が否認したら? などのシミュレーションをいくつも行って、それを5カメで撮影したのを文字起こしして脚本化しています。半年間に10回ほどやって、そのほか接見室の場面もすべて協力してもらっています。ここまで厳密に作られた法廷映画は邦画初だと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る