ブラピ&レオ初共演作に「大切なのは金だけ」と非難の声

公開日:

 2019年公開予定のクエンティン・タランティーノ監督(54)の新作「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(原題)」。

 ブラッド・ピット(54)とレオナルド・ディカプリオ(43)というハリウッドの2大スターが共演するとあって早くも注目を集めているが、この映画そのものが「許せない」という非難の声も上がっている。

 映画は、チャールズ・マンソン率いるカルト集団のメンバーが1969年、当時人気女優だったシャロン・テートを殺害した事件を題材にしている。

 シャロンの実の妹デブラ・テート(65)は、情報サイトTMZが2日に掲載した記事で、2人をこう非難した。

「要するに(2人にとって)大切なのは金だけで、映画に出演することがどれだけ(事件の)遺族や生存している犠牲者を傷つけるか。あいつらは屁とも思ってない。こうしたことを考えないから、自分たちの社会的責任を放棄するのよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    樹木希林さんも別居婚 民法上の気になること弁護士に聞く

  10. 10

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

もっと見る