ダニエル・クレイグに異変 美容整形の権威は「治療必要」

公開日:  更新日:

「OMG(オー・マイ・ゴッド)! ダニエル・クレイグの顔に何が起きたんだ???」

 ネット上にこんな悲鳴のような声があふれている。18日夜にロンドンで英国アカデミー賞の授賞式が行われた際、映画007シリーズで主役の6代目ジェームズ・ボンドを演じているダニエル・クレイグ(49)が最優秀作品賞のプレゼンターとしてステージに登場した時、顔が以前とずいぶん変わっていたからだ。

 以前の写真と比較すると、顔が丸くなり、どことなく人工的な印象を受ける。どう見ても精悍(せいかん)なジェームズ・ボンドには見えない。何かの病気? まさか整形……。

 美容整形の権威デビッド・ジャック博士は英紙サン(20日付電子版)で「さまざまな原因が考えられますが、明白なのは(シワを目立たなくする)ボトックスと(皮膚充てん剤の)ダーマルフィラーの使いすぎです。顔の上部と下部に大量に注入しているように見えます」と指摘。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る