• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ダニエル・クレイグに異変 美容整形の権威は「治療必要」

「OMG(オー・マイ・ゴッド)! ダニエル・クレイグの顔に何が起きたんだ???」

 ネット上にこんな悲鳴のような声があふれている。18日夜にロンドンで英国アカデミー賞の授賞式が行われた際、映画007シリーズで主役の6代目ジェームズ・ボンドを演じているダニエル・クレイグ(49)が最優秀作品賞のプレゼンターとしてステージに登場した時、顔が以前とずいぶん変わっていたからだ。

 以前の写真と比較すると、顔が丸くなり、どことなく人工的な印象を受ける。どう見ても精悍(せいかん)なジェームズ・ボンドには見えない。何かの病気? まさか整形……。

 美容整形の権威デビッド・ジャック博士は英紙サン(20日付電子版)で「さまざまな原因が考えられますが、明白なのは(シワを目立たなくする)ボトックスと(皮膚充てん剤の)ダーマルフィラーの使いすぎです。顔の上部と下部に大量に注入しているように見えます」と指摘。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る