• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

興行にCM出演も 松本幸四郎が父から継いだ“高麗屋の自覚”

 歌舞伎役者の10代目松本幸四郎(45)が12日、都内で行われたキリンの新ジャンルビール「本麒麟」の新CM発表会に登壇した。CMは江口洋介(50)が幸四郎の楽屋見舞いにやってくるというストーリー。ビールの感想を聞かれて「伝統を今の時代に受け入れられるように進化させていくには覚悟と思い切りが要る。まさに歌舞伎と同じです」と語った。

 幸四郎は1月に父の松本白鸚(75)、長男の市川染五郎(12)と共に3代同時に襲名、歌舞伎座での2カ月間の襲名披露興行を終えたところ。女形もこなす細面が、この日は珍しく声はガサガサ、やや顔がむくんでいるように見えた。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「2カ月の興行を終え、贔屓筋や後援会の方々へのお礼参りや食事会などで忙しい時期。4月から名古屋の御園座の興行も控え、集中的に挨拶回りをして疲れが出ているのかもしれません。それより幸四郎さんがCMに出演することは非常に珍しいこと。子供の頃からバカがつくほどの歌舞伎好きで役者以外の仕事はほとんどしない方でした。今までは父の白鸚さんが広告やテレビ出演を請け負っていましたが、今回“3代同時襲名”とあって、幸四郎さんも奮闘しているのでしょう。CM出演は、長期間露出するので集客にも貢献しますし、ファンが喜ぶだけでなく、裾野も広がる。もちろん高額のギャラも入るので一石三鳥以上です」

 高麗屋の一大行事のために仕事をしまくりの幸四郎。2年に及ぶ襲名披露で父・白鸚から受け継ぐのは名跡だけではないようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  3. 3

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  4. 4

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<下>

  9. 9

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  10. 10

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

もっと見る