• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義上智大学教授(メディア文化論)

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授、東京工科大学教授を経て現在、上智大学文学部新聞学科教授。専門は放送を軸としたメディア文化論。著書に「テレビの教科書」ほか。

帰ってきた鼻男 阿部寛主演「スニッファー」の鋭敏な演出

 あの“鼻男”が帰ってきた! 一昨年の土曜ドラマ「スニッファー 嗅覚捜査官」。超人的な嗅覚を持つ華岡信一郎(阿部寛)が、犯行現場などに残されたにおいを嗅ぎ当て、警察と共に犯人を追いつめる異色作だった。21日夜に放送されたのはスペシャル版の新作だ。

 連続殺人事件が発生し、例によって特別捜査支援室の小向(香川照之)から呼び出される華岡。被害者の遺体を調べるうちに、前の事件の犯人が次の事件の被害者となっていることが判明する。しかも彼らは過去の薬害事件に関係していた。

 開発中だったがんの新薬が、効果を確かめるために無断で患者に投与されていたのだ。当時、製薬会社も厚生労働省も責任を取ろうとはしなかった。

 もともとはウクライナで制作されたドラマ「The Sniffer」が原作だ。しかし今回は脚本の林宏司が書き上げた完全オリジナル。刑事である小向が拉致されたり、薬害事件の黒幕が次の総理を狙う元厚労相(西村まさ彦)だったり、警察庁の女性キャリア(波瑠)といったエッジの利いたキャラクターが登場したりと、複雑で厚みのある物語になっていた。

 主演の阿部と相棒役の香川、2人の丁々発止のやりとりは絶好調。さらに8Kカメラで撮影された、美しくて凝った映像も見事だった。無駄なカット、凡庸なカットがひとつもない演出は、「ハゲタカ」「外事警察」などの堀切園健太郎だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る