碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教 授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」ほか。

竹野内豊が好演「ミッドナイト・ジャーナル」は良質作品

公開日: 更新日:

 今年開局50周年を迎えるテレビ東京が、春の記念ドラマ「ミッドナイト・ジャーナル~消えた誘拐犯を追え! 七年目の真実」を放送した。原作は本城雅人による同名の社会派サスペンス小説だ。

 中央新聞さいたま支局の県警キャップ・関口豪太郎(竹野内豊)は、発生した女児連続誘拐事件と7年前の悲惨な事件との類似性に気づく。本社から来た応援は藤瀬祐里(上戸彩)。2人は7年前の事件の際、生存していた被害者を死亡と伝える大誤報で社内外から叩かれた仲だ。そこに新人記者の岡田昇太(寛一郎)を加えたチーム関口が、粘り強い取材で真相へと迫っていく。

 関口の信条は「真実を早く正しく伝えること、それがジャーナル」。スクープにこだわると揶揄されるが、本当にこだわっているのは人の命だ。堅物の県警管理官(松重豊)の自宅に夜討ちをかけ、飲めない酒を一緒に飲む姿や、別れて暮らす娘への思いもほほ笑ましい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  3. 3

    青木会長も力不足 男子ツアーV賞金は1000万円でも高すぎる

  4. 4

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  5. 5

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  8. 8

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    どうする渋野 来季米ツアー切符「3つの方法」はすべて難関

もっと見る