満島ひかりは独立…芸能界の働き方改革は「妊活」がカギ

公開日:

 女優の満島ひかり(32)が1日、所属事務所から独立したが、独立の引き金は“妊活”だったことが6日発売の「女性自身」に掲載された。満島は11歳でボーカル&ダンスユニット「Folder」でデビュー。2009年に前事務所ユマニテに移籍してから女優として開花、ドラマ「カルテット」(TBS系)など数々のドラマに出演し実力派として認知されるまでになった。

 ところが溝が深まったのは2年前、映画監督の石井裕也氏(34)と結婚していた頃、「事務所が仕事を入れてくるから、なかなか(妊活の)タイミングがないんだよね」とボヤいていたというのだ。子供が誕生していたら離婚していない可能性を考えれば、妊活の時間が奪われたことは罪深いだろう。

 仲間由紀恵(38)の場合は、妊活宣言で仕事は調整したものの、夫・田中哲司(52)が昨年6月に、ヘアスタイリストの女性との不倫が報じられた。以来、田中は猛省し、早々に帰宅。手料理をふるまうなど仲間に全面的に協力していたという。あの浮気報道のおかげで生活を見直し、大事な時にちゃんと家に帰ってくるようになったから子供を授かったのだとしたら、浮気も“妊活”にとっては結果オーライだったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る