• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

満島ひかりは独立…芸能界の働き方改革は「妊活」がカギ

 女優の満島ひかり(32)が1日、所属事務所から独立したが、独立の引き金は“妊活”だったことが6日発売の「女性自身」に掲載された。満島は11歳でボーカル&ダンスユニット「Folder」でデビュー。2009年に前事務所ユマニテに移籍してから女優として開花、ドラマ「カルテット」(TBS系)など数々のドラマに出演し実力派として認知されるまでになった。

 ところが溝が深まったのは2年前、映画監督の石井裕也氏(34)と結婚していた頃、「事務所が仕事を入れてくるから、なかなか(妊活の)タイミングがないんだよね」とボヤいていたというのだ。子供が誕生していたら離婚していない可能性を考えれば、妊活の時間が奪われたことは罪深いだろう。

 仲間由紀恵(38)の場合は、妊活宣言で仕事は調整したものの、夫・田中哲司(52)が昨年6月に、ヘアスタイリストの女性との不倫が報じられた。以来、田中は猛省し、早々に帰宅。手料理をふるまうなど仲間に全面的に協力していたという。あの浮気報道のおかげで生活を見直し、大事な時にちゃんと家に帰ってくるようになったから子供を授かったのだとしたら、浮気も“妊活”にとっては結果オーライだったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  7. 7

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  8. 8

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  9. 9

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る