• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

満島ひかりは独立…芸能界の働き方改革は「妊活」がカギ

 女優の満島ひかり(32)が1日、所属事務所から独立したが、独立の引き金は“妊活”だったことが6日発売の「女性自身」に掲載された。満島は11歳でボーカル&ダンスユニット「Folder」でデビュー。2009年に前事務所ユマニテに移籍してから女優として開花、ドラマ「カルテット」(TBS系)など数々のドラマに出演し実力派として認知されるまでになった。

 ところが溝が深まったのは2年前、映画監督の石井裕也氏(34)と結婚していた頃、「事務所が仕事を入れてくるから、なかなか(妊活の)タイミングがないんだよね」とボヤいていたというのだ。子供が誕生していたら離婚していない可能性を考えれば、妊活の時間が奪われたことは罪深いだろう。

 仲間由紀恵(38)の場合は、妊活宣言で仕事は調整したものの、夫・田中哲司(52)が昨年6月に、ヘアスタイリストの女性との不倫が報じられた。以来、田中は猛省し、早々に帰宅。手料理をふるまうなど仲間に全面的に協力していたという。あの浮気報道のおかげで生活を見直し、大事な時にちゃんと家に帰ってくるようになったから子供を授かったのだとしたら、浮気も“妊活”にとっては結果オーライだったようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  8. 8

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

  9. 9

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  10. 10

    恋愛に厳しいはずが…剛力彩芽を“黙認”するオスカーの打算

もっと見る