10億円リストラのフジTVで囁かれる小倉智昭“2020年卒業”

公開日:

 3月末を期限に50歳以上の社員に最高7000万円の退職金を上乗せし、早期退職者を募集したことが報じられたフジテレビ。「とんねるずのみなさんのおかげでした」「めちゃ×2イケてるッ!」と、20年以上続いた看板番組も3月いっぱいで打ち切るなど、リストラの嵐だ。

「昨年、亀山千広氏(61)から代わった宮内正喜社長(74)は、まさに“コストカッター”。編成畑を歩んできた人で、現場のことをよく知らない。昨年6月に就任してすぐ、情報制作局のある部署に10億円の経費削減を厳命してきました」(フジテレビ関係者)

 取材を進めると、この部署だけでなく社内全体に厳しい締め付けがあることが明らかになった。

「坂上忍(50)がMCを務める『バイキング』など、比較的視聴率のいい番組でもリストラは行われています。例えば、出演タレントを少なくして出演料を抑え、観覧客も入れなくなりました。当選者への連絡や入場整理をするスタッフを減らせますし、前説をする芸人もカットできる。そんな微々たるお金まで削減しているんです」(テレビ誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  6. 6

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    奇妙な縁が結んだ梅宮辰夫とロバート秋山の幸福な関係

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る