• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

10億円リストラのフジTVで囁かれる小倉智昭“2020年卒業”

 3月末を期限に50歳以上の社員に最高7000万円の退職金を上乗せし、早期退職者を募集したことが報じられたフジテレビ。「とんねるずのみなさんのおかげでした」「めちゃ×2イケてるッ!」と、20年以上続いた看板番組も3月いっぱいで打ち切るなど、リストラの嵐だ。

「昨年、亀山千広氏(61)から代わった宮内正喜社長(74)は、まさに“コストカッター”。編成畑を歩んできた人で、現場のことをよく知らない。昨年6月に就任してすぐ、情報制作局のある部署に10億円の経費削減を厳命してきました」(フジテレビ関係者)

 取材を進めると、この部署だけでなく社内全体に厳しい締め付けがあることが明らかになった。

「坂上忍(50)がMCを務める『バイキング』など、比較的視聴率のいい番組でもリストラは行われています。例えば、出演タレントを少なくして出演料を抑え、観覧客も入れなくなりました。当選者への連絡や入場整理をするスタッフを減らせますし、前説をする芸人もカットできる。そんな微々たるお金まで削減しているんです」(テレビ誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  5. 5

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  6. 6

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  7. 7

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  8. 8

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  9. 9

    安室奈美恵9.16引退余話 沖縄への“置き土産”は数十億円

  10. 10

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

もっと見る