• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

激太り激ヤセと関係か マライア・キャリーが躁鬱病を告白

 米人気歌手のマライア・キャリー(48)が長年にわたり、双極性障害(躁鬱病)を患っていたことを告白し、波紋が広がっている。米誌ピープルが掲載したインタビューで本人が初めて明らかにした。

 マライアは2001年に心身の消耗で入院した際に、双極性障害と診断されたが、「長い間、診断を受け入れられなかった」という。そして「誰かに暴露されるかもしれないという恐怖に常にさいなまれてきた」が、こうした状態を続けるのはもう限界だと判断。最近になって治療を受け始めた。

 現在はセラピーを受けると同時に薬も服用し、「本当に良い状態」だという。

 マライアは激太りと激ヤセの繰り返しが注目される一方、16年にはオーストラリア人富豪実業家との婚約が破談に。その後、大晦日のイベント演奏も大失敗に終わり、長年のマネジャーとも決別していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  4. 4

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  5. 5

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  6. 6

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  7. 7

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  8. 8

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  9. 9

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

  10. 10

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

もっと見る