激太り激ヤセと関係か マライア・キャリーが躁鬱病を告白

公開日:  更新日:

 米人気歌手のマライア・キャリー(48)が長年にわたり、双極性障害(躁鬱病)を患っていたことを告白し、波紋が広がっている。米誌ピープルが掲載したインタビューで本人が初めて明らかにした。

 マライアは2001年に心身の消耗で入院した際に、双極性障害と診断されたが、「長い間、診断を受け入れられなかった」という。そして「誰かに暴露されるかもしれないという恐怖に常にさいなまれてきた」が、こうした状態を続けるのはもう限界だと判断。最近になって治療を受け始めた。

 現在はセラピーを受けると同時に薬も服用し、「本当に良い状態」だという。

 マライアは激太りと激ヤセの繰り返しが注目される一方、16年にはオーストラリア人富豪実業家との婚約が破談に。その後、大晦日のイベント演奏も大失敗に終わり、長年のマネジャーとも決別していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る