• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

激太り激ヤセと関係か マライア・キャリーが躁鬱病を告白

 米人気歌手のマライア・キャリー(48)が長年にわたり、双極性障害(躁鬱病)を患っていたことを告白し、波紋が広がっている。米誌ピープルが掲載したインタビューで本人が初めて明らかにした。

 マライアは2001年に心身の消耗で入院した際に、双極性障害と診断されたが、「長い間、診断を受け入れられなかった」という。そして「誰かに暴露されるかもしれないという恐怖に常にさいなまれてきた」が、こうした状態を続けるのはもう限界だと判断。最近になって治療を受け始めた。

 現在はセラピーを受けると同時に薬も服用し、「本当に良い状態」だという。

 マライアは激太りと激ヤセの繰り返しが注目される一方、16年にはオーストラリア人富豪実業家との婚約が破談に。その後、大晦日のイベント演奏も大失敗に終わり、長年のマネジャーとも決別していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る