激太り激ヤセと関係か マライア・キャリーが躁鬱病を告白

公開日:  更新日:

 米人気歌手のマライア・キャリー(48)が長年にわたり、双極性障害(躁鬱病)を患っていたことを告白し、波紋が広がっている。米誌ピープルが掲載したインタビューで本人が初めて明らかにした。

 マライアは2001年に心身の消耗で入院した際に、双極性障害と診断されたが、「長い間、診断を受け入れられなかった」という。そして「誰かに暴露されるかもしれないという恐怖に常にさいなまれてきた」が、こうした状態を続けるのはもう限界だと判断。最近になって治療を受け始めた。

 現在はセラピーを受けると同時に薬も服用し、「本当に良い状態」だという。

 マライアは激太りと激ヤセの繰り返しが注目される一方、16年にはオーストラリア人富豪実業家との婚約が破談に。その後、大晦日のイベント演奏も大失敗に終わり、長年のマネジャーとも決別していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  3. 3

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  4. 4

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    嶋大輔が復活!「今日俺」でのリバイバルに本人びっくり

  7. 7

    「今日俺」人気を陰で支えた“カメレオン俳優”太賀の底力

  8. 8

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  9. 9

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  10. 10

    北島三郎復帰に“禁じ手” 平成最後のNHK紅白は無法地帯に

もっと見る