「滝の白糸」で難役 背中の壱太郎&セリフの松也の芸達者

公開日:

 歌舞伎座は先月に続いて、仁左衛門・玉三郎が客席を沸かせている。夜の部で2人は「於染久松色読販」「神田祭」と続けて共演。前者では悪人夫婦の役で楽しませる。昨今の歌舞伎座は道徳的に正しい内容の芝居が多いので、こういう「悪の魅力」を見せてくれると新鮮だ。

「神田祭」はもともとストーリーなどないに等しい。仁左衛門の鳶頭と玉三郎の芸者は、リアルとか自然という次元を超え、芝居であることすら感じさせない。仲のいいカップルのあいびきを盗み見ているようで、見ているほうが恥ずかしくなるほどだ。

 劇場全体が和やかというか幸福感に満ちて前半が終わるが、後半の泉鏡花原作の「滝の白糸」で一転、暗くなる。中村壱太郎が初役で主人公の水芸一座の太夫「滝の白糸」を演じ、尾上松也が相手役の青年「村越欣弥」。この芝居を何度も演じてきた玉三郎が演出を担う。明治が舞台で、もとは新派の人気演目だが歌舞伎としての上演だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る