ヤクザ渡世の森友疑惑 裏切りと見所満載「アウトレイジ」

公開日:

 人気シリーズの第1作。来週24日「アウトレイジ 最終章」のBD&DVDが発売される。本作と2作目の「アウトレイジ ビヨンド」を見ておけば「最終章」はさらに面白い。

 関東の広域暴力団「山王会」で末端組織を率いる大友(ビートたけし)は古参組長の池元(國村隼)から、村瀬組を締め上げるよう命じられる。池元は山王会本家若頭の加藤(三浦友和)が自分と村瀬の蜜月を不快に思っているため、形ばかりの仲たがいを装いたいというのだ。

 大友は子分を使って村瀬組のボッタクリバーに引っかかり、ゴタゴタを起こす。ところがこの部下が村瀬組に殺されて抗争に発展。子分が次々と殺されるのだった……。

 まさに裏切りの連続。そのため“21世紀版の仁義なき戦い”と評されるが、北野武監督らしく、いくつかの要素を複合させて物語に広がりを持たせている。大使館員を脅しての裏カジノや覚醒剤の密売、警官の汚職など。これに適度な笑いを加味して北野監督特有の「滅びの美学」になだれ込んでいく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  4. 4

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る