カラテカ矢部が快挙「大家さんと僕」で手塚治虫文化賞受賞

公開日:  更新日:

 お笑いコンビ・カラテカの矢部太郎(40)が先日、2018年「手塚治虫文化賞」短編賞を受賞した。

 お笑い芸人はもとより、漫画家以外の受賞は初というから快挙だ。

 受賞作は、矢部と大家さんのほのぼのとした日常を描いたエッセーマンガ「大家さんと僕」(新潮社)で、初版6000部からスタートし、現在23万部を突破。「構成、完成度はプロ並み」と審査員満場一致だったという。

 編集担当者は「試し読みから買って下さる方が多いです。大家さんのキャラクターが魅力的で“こんなすてきな高齢者になりたい”という、40から60代の女性にも人気です」と語る。

 矢部の父は絵本作家。DNA的にも、大家さんとの巡り合わせにも恵まれ、花開いたようだ。

 矢部は2冊目に向けて週刊新潮の連載がスタート。相方の入江慎也(41)は人脈づくりセミナーを開くなど、ビジネス部門で事業拡大。お笑いコンビでなくても十分食っていけそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  10. 10

    “PC打てない”桜田大臣 ツイッターで大島優子フォローの謎

もっと見る