カラテカ矢部が快挙「大家さんと僕」で手塚治虫文化賞受賞

公開日: 更新日:

 お笑いコンビ・カラテカの矢部太郎(40)が先日、2018年「手塚治虫文化賞」短編賞を受賞した。

 お笑い芸人はもとより、漫画家以外の受賞は初というから快挙だ。

 受賞作は、矢部と大家さんのほのぼのとした日常を描いたエッセーマンガ「大家さんと僕」(新潮社)で、初版6000部からスタートし、現在23万部を突破。「構成、完成度はプロ並み」と審査員満場一致だったという。

 編集担当者は「試し読みから買って下さる方が多いです。大家さんのキャラクターが魅力的で“こんなすてきな高齢者になりたい”という、40から60代の女性にも人気です」と語る。

 矢部の父は絵本作家。DNA的にも、大家さんとの巡り合わせにも恵まれ、花開いたようだ。

 矢部は2冊目に向けて週刊新潮の連載がスタート。相方の入江慎也(41)は人脈づくりセミナーを開くなど、ビジネス部門で事業拡大。お笑いコンビでなくても十分食っていけそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    京大教授藤井聡氏 大阪都構想は維新への信任投票ではない

  2. 2

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    いしだ壱成さんが語る「生活保護不正受給疑惑」報道の真相

  5. 5

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  6. 6

    タモリが「国民的スター」になる前の話 生き証人に聞いた

  7. 7

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  8. 8

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  9. 9

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  10. 10

    白石麻衣10.28乃木坂卒業で注目 ソロ活動と恋愛解禁Xデー

もっと見る