• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女装キャラ企画も間が悪く…TOKIOリーダー城島茂の悲哀

 マウンドで見せた笑顔とは裏腹に心中はさぞ複雑だったに違いない。新人女性歌手・島茂子(47)というキャラ設定でソロデビューを果たしたTOKIOのリーダー、城島茂のことである。

 6日の神宮球場で行われたヤクルト―広島戦の始球式に女装姿で登場。「ちょっと遅咲きの新人歌手です。島茂子、島茂子でございます」と“おねえ口調”で気丈に挨拶するとスタンドのあちこちから「リーダー、頑張れー!」という同情の声が飛び交い、温かい拍手に包まれた。そして、ファーストDVD「戯言」の発売日5月16日にちなんだ「516」のユニホームを羽織り、山なりのワンバン投球を披露したのだが、その2時間半後――。所属事務所のジャニーズ事務所は中ぶらりんとなっていた山口の処遇について「契約解除」を発表したのである。

 ソロプロジェクトが始動した当初、一体、誰がこのような事態を想定しただろうか。山口本人の辞表を受理したこととはいえ、城島にしてみれば、完全に新企画の出はなをくじかれた格好だ。松岡昌宏が女装家政夫に扮するドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)の主題歌ゆえ、女装キャラで足並みを揃えたが、さらし者にされたといっても過言ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る