女装キャラ企画も間が悪く…TOKIOリーダー城島茂の悲哀

公開日:

 マウンドで見せた笑顔とは裏腹に心中はさぞ複雑だったに違いない。新人女性歌手・島茂子(47)というキャラ設定でソロデビューを果たしたTOKIOのリーダー、城島茂のことである。

 6日の神宮球場で行われたヤクルト―広島戦の始球式に女装姿で登場。「ちょっと遅咲きの新人歌手です。島茂子、島茂子でございます」と“おねえ口調”で気丈に挨拶するとスタンドのあちこちから「リーダー、頑張れー!」という同情の声が飛び交い、温かい拍手に包まれた。そして、ファーストDVD「戯言」の発売日5月16日にちなんだ「516」のユニホームを羽織り、山なりのワンバン投球を披露したのだが、その2時間半後――。所属事務所のジャニーズ事務所は中ぶらりんとなっていた山口の処遇について「契約解除」を発表したのである。

 ソロプロジェクトが始動した当初、一体、誰がこのような事態を想定しただろうか。山口本人の辞表を受理したこととはいえ、城島にしてみれば、完全に新企画の出はなをくじかれた格好だ。松岡昌宏が女装家政夫に扮するドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)の主題歌ゆえ、女装キャラで足並みを揃えたが、さらし者にされたといっても過言ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る