女装キャラ企画も間が悪く…TOKIOリーダー城島茂の悲哀

公開日: 更新日:

 マウンドで見せた笑顔とは裏腹に心中はさぞ複雑だったに違いない。新人女性歌手・島茂子(47)というキャラ設定でソロデビューを果たしたTOKIOのリーダー、城島茂のことである。

 6日の神宮球場で行われたヤクルト―広島戦の始球式に女装姿で登場。「ちょっと遅咲きの新人歌手です。島茂子、島茂子でございます」と“おねえ口調”で気丈に挨拶するとスタンドのあちこちから「リーダー、頑張れー!」という同情の声が飛び交い、温かい拍手に包まれた。そして、ファーストDVD「戯言」の発売日5月16日にちなんだ「516」のユニホームを羽織り、山なりのワンバン投球を披露したのだが、その2時間半後――。所属事務所のジャニーズ事務所は中ぶらりんとなっていた山口の処遇について「契約解除」を発表したのである。

 ソロプロジェクトが始動した当初、一体、誰がこのような事態を想定しただろうか。山口本人の辞表を受理したこととはいえ、城島にしてみれば、完全に新企画の出はなをくじかれた格好だ。松岡昌宏が女装家政夫に扮するドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)の主題歌ゆえ、女装キャラで足並みを揃えたが、さらし者にされたといっても過言ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る