女装キャラ企画も間が悪く…TOKIOリーダー城島茂の悲哀

公開日:

 マウンドで見せた笑顔とは裏腹に心中はさぞ複雑だったに違いない。新人女性歌手・島茂子(47)というキャラ設定でソロデビューを果たしたTOKIOのリーダー、城島茂のことである。

 6日の神宮球場で行われたヤクルト―広島戦の始球式に女装姿で登場。「ちょっと遅咲きの新人歌手です。島茂子、島茂子でございます」と“おねえ口調”で気丈に挨拶するとスタンドのあちこちから「リーダー、頑張れー!」という同情の声が飛び交い、温かい拍手に包まれた。そして、ファーストDVD「戯言」の発売日5月16日にちなんだ「516」のユニホームを羽織り、山なりのワンバン投球を披露したのだが、その2時間半後――。所属事務所のジャニーズ事務所は中ぶらりんとなっていた山口の処遇について「契約解除」を発表したのである。

 ソロプロジェクトが始動した当初、一体、誰がこのような事態を想定しただろうか。山口本人の辞表を受理したこととはいえ、城島にしてみれば、完全に新企画の出はなをくじかれた格好だ。松岡昌宏が女装家政夫に扮するドラマ「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)の主題歌ゆえ、女装キャラで足並みを揃えたが、さらし者にされたといっても過言ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    遠藤憲一はなぜ“Vシネ横綱”竹内力&哀川翔を凌駕できた?

もっと見る