てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

相方を絶対的に信頼 日村勇紀は"おもちゃ”にされる天才肌

公開日:

「もっと人生トータルで考えてみろって。人間なんて2パターンしかないんだ。おもちゃにする側と、おもちゃにされる側」(日村勇紀/テレビ東京「青春高校3年C組」5月4日放送)

 “理想のクラス”をつくると集められた生徒たち。この日は“ホームルーム”が開かれ、ある男子生徒が、ある女子生徒から、ずっとイジられ“おもちゃ”にされていることが議題にあがった。その男子生徒に、“担任”のひとりであるバナナマン・日村勇紀(45)が放った言葉を今週は取り上げたい。

 続けて日村は「おまえ、される側じゃないか! 俺もそうなんだよ。俺も設楽という男におもちゃにされてるんだよ。いいんだよ、それで!」と熱弁を振るった。

「『桃太郎』の劇で日村さんの配役を想像すると、桃太郎、犬、猿、キジ、鬼、おじいさん、おばあさん、大きな桃に至るまですべての配役にしっくりくる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  3. 3

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  8. 8

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

もっと見る