日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

売れっ子バナナマン 春の改編でレギュラー4本減のワケ

 春の番組改編でお笑いコンビのバナナマンがレギュラー4番組の終了を嘆いて話題だ。ニホンモニターによる毎年の「タレント番組出演本数ランキング」では上位の常連組で、HPにレギュラー番組としてテレビ14本、テレ朝の動画1本、ラジオ1本を並べる売れっ子に何があったのか――。

 3月で終わる番組は、TBS系の「万年B組ヒムケン先生」と、フジテレビ系「そんなバカなマン」「優しい人なら解ける クイズやさしいね」「モシモノふたり~タレントが“おためし同居生活”してみました~」。このうち、単独での出演番組が2本ある日村勇紀(44)は「俺、もうヤバイよ。大ピンチ」と自嘲気味に笑い、平日朝の情報バラエティー「ノンストップ!」(フジ系)の司会などで活躍の設楽統(43)も「終わるっていうのは、怖いよね」と同調した。

 だが、新スタートのレギュラーも控えているというし、彼らが落ち目だと一概には言えないだろう。放送関係者の見方はこうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事