西城秀樹との追憶の日々…フォーリーブス江木俊夫が語る

公開日:  更新日:

 今月16日に急性心不全のため63歳で亡くなった歌手の西城秀樹さんの葬儀・告別式が26日、青山葬儀所(東京・港区)で営まれた。葬儀では「新ご三家」として一時代を築いた盟友の野口五郎(62)が代表して弔辞を読み、「ヒデキ!」コールが響き渡る会場にはファン約1万人が献花に訪れて昭和の大スターを偲んだ。

 故人と親交の厚かったフォーリーブスの江木俊夫氏がこう思い出を語る。

 ◇  ◇  ◇

 “今度デビューする西城秀樹です”という元気な声で僕らフォーリーブスの楽屋に挨拶に来た時のことを昨日のことのように思い出します。広島からやってきたヒデキはスタイルは抜群ですが人柄は朴訥。酒は強かったし、とにかく歌がうまかった。

 しばらくは会う機会はなかったのですが、再び交流が始まったのはヒデキが2度目の脳梗塞を発症したあと。“同窓会コンサート”に参加してくれてからのことです。僕ら往年の歌手がステージに立つ企画で、ヒデキとは同じバスに乗って地方を巡ったものです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る