西城秀樹との追憶の日々…フォーリーブス江木俊夫が語る

公開日:  更新日:

 今月16日に急性心不全のため63歳で亡くなった歌手の西城秀樹さんの葬儀・告別式が26日、青山葬儀所(東京・港区)で営まれた。葬儀では「新ご三家」として一時代を築いた盟友の野口五郎(62)が代表して弔辞を読み、「ヒデキ!」コールが響き渡る会場にはファン約1万人が献花に訪れて昭和の大スターを偲んだ。

 故人と親交の厚かったフォーリーブスの江木俊夫氏がこう思い出を語る。

 ◇  ◇  ◇

 “今度デビューする西城秀樹です”という元気な声で僕らフォーリーブスの楽屋に挨拶に来た時のことを昨日のことのように思い出します。広島からやってきたヒデキはスタイルは抜群ですが人柄は朴訥。酒は強かったし、とにかく歌がうまかった。

 しばらくは会う機会はなかったのですが、再び交流が始まったのはヒデキが2度目の脳梗塞を発症したあと。“同窓会コンサート”に参加してくれてからのことです。僕ら往年の歌手がステージに立つ企画で、ヒデキとは同じバスに乗って地方を巡ったものです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る