復帰はタイミング次第 安室奈美恵を口説けるキーマンは誰

公開日: 更新日:

 9月16日での引退を表明している安室奈美恵(40)が、6月3日の東京ドームで引退ライブツアー最終日を終えた。

 今年2月にスタートした安室のファイナル公演は、チケットだけで約90億円の売り上げを記録。昨年9月の引退発表後に発売したベストアルバムのセールスは210万枚に達し、約84億円を売り上げた。CM契約を含めると、この9カ月足らずで約180億円を稼ぎ出したことになる。

 最終公演の翌日(4日)、NHK総合「ニュースウオッチ9」に出演した安室は、「とにかく(9月)16日が今のゴール地点なので、そこを目がけて精いっぱいやっていく」と強調した。

 安室は本当にこのまま芸能界から姿を消してしまうのか。芸能ジャーナリストの芋澤貞雄氏が言う。

「安室は自分をトップアーティストに育てた『ライジングプロ』の平哲夫社長や、莫大なプロモーション費用を投入したレコード会社『エイベックス』に対して相当な不信感を抱いていると伝えられています。彼らが束になって安室に復帰を説得し、どんな好条件を提示したとしても、首を縦に振ることはないと思います。ただ、安室が心を許しているイベントプロデューサーの西茂弘さんが説得すれば状況は一変します。西さんが復帰の必要性を丁寧に説明し、それを安室が十分に理解すれば重い腰を上げる可能性があります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    黒島結菜が22年NHK朝ドラ主演 ラブコメに起用されない理由

  3. 3

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  4. 4

    「天国と地獄」高視聴率の裏に高橋一生“しなやかマッチョ”

  5. 5

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  6. 6

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  7. 7

    米国進出の渡辺直美は大成功する公算大 竹内結子の後輩に

  8. 8

    3.25聖火リレーに大逆風…スタートの福島は感染状況が深刻

  9. 9

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  10. 10

    香川真司がギリシャで“戦力外”の深層 移籍7試合目で初先発

もっと見る