小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

NHK松尾剛アナ 持ち味である“らしからぬ”発言を期待

公開日: 更新日:

診断結果は…【可】

 先週の米朝首脳会談でNHKは特番を編成して瀧川剛史がMCを務めたが、16時50分の「ニュースシブ5時」の時間からは松尾剛と寺門亜衣子が特番を引き継いだ。松尾が「米朝首脳会談についてです。シンガポールから最新情報を伝えてもらいます」と仕切り、「史上初の米朝首脳会談。2人は何度も握手を交わしました」とテンポよく伝え始めた。

 しかし、その後はやや期待外れ。重要なニュースを伝える際や少し驚いて質問する時の癖である、眉を吊り上げ、目を大きく見開く表情が見られ、松尾ならではの進行もありと思ったら、「この後は瀧川アナウンサーに伝えてもらいます」とバトン。なぜ、そのままやらせなかったのか。

 筑波大卒で、95年に27歳でNHKに入局。宮崎放送局を経て東京勤務になり、「おはよう日本」の土日MCに抜擢される。髪を逆立てたオーバーアクションが「NHKらしからぬ」と評判になり、福岡に異動後2度目の東京勤務では「サタデースポーツ」「サンデースポーツ」を経て「シブ5時」に移った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

    新庄は初任給で買ったグラブを引退まで使い続けた「これがダメになったら野球をやめる時」

  2. 2
    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

    万引誤認でウォルマート訴え勝訴 米アラバマ州の女性がゲットした巨額賠償金はいくら?

  3. 3
    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

    秋篠宮さま会見に英メディア「反発招いたのは眞子さんが初めて」と日本の価値観の古さ指摘

  4. 4
    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

    「日本沈没」の主人公たちのマヌケっぷりにだいぶ冷めてきました

  5. 5
    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

    岸田首相のオトモダチだから? 石原伸晃氏の“失業対策”か…内閣官房参与に任命のナゼ

もっと見る

  1. 6
    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

    “日大のドン”が書き残した「田中メモ」の中身 スポーツ界・政界の面々はビクビク

  2. 7
    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

    西武38歳「おかわりくん」中村剛也 “減額2年契約”で更改のカラクリ

  3. 8
    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

    “ただの人”石原伸晃氏が内閣官房参与に 議員バッジなくてもウハウハな自民党のうまみ

  4. 9
    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

    世界の相場急落で「ローリスク・ハイリターン」を狙う好機

  5. 10
    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか

    「いきなり!ステーキ」黒字化に水差す“予告なし値上げ”…客離れ加速で復活また遠のくか