小田桐誠
著者のコラム一覧
小田桐誠立教大学・武蔵大学非常勤講師

1953年青森県生まれ。出版社勤務を経て79年から著述業に専念。著書に「ドキュメント生協」「消えたお妃候補たち」「PTA改造講座」「テレビのからくり」「NHKはなぜ金持ちなのか?」など。07年9月から15年3月までBPO「放送と青少年に関する委員会」委員を務める。

NHK松尾剛アナ 持ち味である“らしからぬ”発言を期待

公開日: 更新日:

診断結果は…【可】

 先週の米朝首脳会談でNHKは特番を編成して瀧川剛史がMCを務めたが、16時50分の「ニュースシブ5時」の時間からは松尾剛と寺門亜衣子が特番を引き継いだ。松尾が「米朝首脳会談についてです。シンガポールから最新情報を伝えてもらいます」と仕切り、「史上初の米朝首脳会談。2人は何度も握手を交わしました」とテンポよく伝え始めた。

 しかし、その後はやや期待外れ。重要なニュースを伝える際や少し驚いて質問する時の癖である、眉を吊り上げ、目を大きく見開く表情が見られ、松尾ならではの進行もありと思ったら、「この後は瀧川アナウンサーに伝えてもらいます」とバトン。なぜ、そのままやらせなかったのか。

 筑波大卒で、95年に27歳でNHKに入局。宮崎放送局を経て東京勤務になり、「おはよう日本」の土日MCに抜擢される。髪を逆立てたオーバーアクションが「NHKらしからぬ」と評判になり、福岡に異動後2度目の東京勤務では「サタデースポーツ」「サンデースポーツ」を経て「シブ5時」に移った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    パCSファイナルで激突 西武とソフトBはFA戦線でも暗闘

  6. 6

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  7. 7

    複数球団が熱視線 ソフトB福田がオフFA最大の目玉は本当か

  8. 8

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る