原点は宮崎アニメ 映画「新感染」監督語る日本公開の思い

公開日:

 日本での初公開作品となる「新感染 ファイナル・エクスプレス」(9月1日公開)を皮切りに、3本もの映画が立て続けに公開される韓国のヨン・サンホ監督。これまで社会派のアニメ監督として活躍していたが、自身初の実写作品となる「新感染――」が本国でその年ナンバーワンとなる大ヒット。すでにハリウッドリメークも決まるなど、いま一番勢いのある韓流監督に日本上陸への思いを聞いてみた。

「じつはもともとアニメ監督になろうと思ったきっかけは宮崎アニメと出合ったことなんです。一番大好きなのは『紅の豚』ですが、押井守監督や湯浅政明監督、今敏監督の『東京ゴッドファーザーズ』なども大好き。それこそ普通の日本人以上にのめりこんで見てきましたから、私の作品には日本アニメの影響がきっと随所に見られると思います」

 韓国の誇る高速鉄道KTXの車内で、人間を凶暴化させるウイルス感染が広まるパニックホラー。ファンドマネジャーのソグ(コン・ユ)は幼い愛娘を守るため、運転士や他の乗客らと協力しつつ必死のサバイバルに挑む。すでに感染者は全土に広がり国家非常事態宣言が出されているため、列車は走り続けるほかなく、映画史上まれにみるハイスピードな密室ゾンビ映画になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る