• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

原点は宮崎アニメ 映画「新感染」監督語る日本公開の思い

 日本での初公開作品となる「新感染 ファイナル・エクスプレス」(9月1日公開)を皮切りに、3本もの映画が立て続けに公開される韓国のヨン・サンホ監督。これまで社会派のアニメ監督として活躍していたが、自身初の実写作品となる「新感染――」が本国でその年ナンバーワンとなる大ヒット。すでにハリウッドリメークも決まるなど、いま一番勢いのある韓流監督に日本上陸への思いを聞いてみた。

「じつはもともとアニメ監督になろうと思ったきっかけは宮崎アニメと出合ったことなんです。一番大好きなのは『紅の豚』ですが、押井守監督や湯浅政明監督、今敏監督の『東京ゴッドファーザーズ』なども大好き。それこそ普通の日本人以上にのめりこんで見てきましたから、私の作品には日本アニメの影響がきっと随所に見られると思います」

 韓国の誇る高速鉄道KTXの車内で、人間を凶暴化させるウイルス感染が広まるパニックホラー。ファンドマネジャーのソグ(コン・ユ)は幼い愛娘を守るため、運転士や他の乗客らと協力しつつ必死のサバイバルに挑む。すでに感染者は全土に広がり国家非常事態宣言が出されているため、列車は走り続けるほかなく、映画史上まれにみるハイスピードな密室ゾンビ映画になっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る