共通点は「自分の意思で」 18年上半期の芸能人熱愛を総括

公開日:

 恋愛はセルフプロデュース――。2018年上半期に明らかになった芸能人・女優の熱愛物語について、芸能リポーター城下尊之氏に聞くと、そんなキーワードが浮き上がってきた。

 まずはベッキー(34)。「ゲスの極み乙女。」川谷絵音との不倫騒動から2年。このほどプロ野球巨人コーチの片岡治大氏(35)との交際が報じられ、インスタグラム上で「ゆっくりと、しっかりと、歩んでいきます」と宣言した。城下氏は言う。

「不倫騒動による休業から再始動となったとき、ベッキーさんが売れっ子で、ギャラが高かったことが皮肉にもネックになってしまったんです。レギュラー出演していた番組では、ベッキーさんが休業中も視聴率がさほど落ちなかったという関係者もいて、それでお呼びがかかりにくくなった。ここでベッキーさんはどうしたかというと、マネジャーさんと一緒に考えて、自分たちで動いたんです。地方ローカルの番組からはじめて、新たにCMも決めて、BS時代劇の主演まで獲得していった。女優という、騒動前にはイメージされなかったジャンルまで活動枠を広げたんですね。今回の熱愛も、自分で考えて自分で行動した結果。私生活の充実もセルフプロデュースの延長線上にあるようにみえます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る