共通点は「自分の意思で」 18年上半期の芸能人熱愛を総括

公開日:

 恋愛はセルフプロデュース――。2018年上半期に明らかになった芸能人・女優の熱愛物語について、芸能リポーター城下尊之氏に聞くと、そんなキーワードが浮き上がってきた。

 まずはベッキー(34)。「ゲスの極み乙女。」川谷絵音との不倫騒動から2年。このほどプロ野球巨人コーチの片岡治大氏(35)との交際が報じられ、インスタグラム上で「ゆっくりと、しっかりと、歩んでいきます」と宣言した。城下氏は言う。

「不倫騒動による休業から再始動となったとき、ベッキーさんが売れっ子で、ギャラが高かったことが皮肉にもネックになってしまったんです。レギュラー出演していた番組では、ベッキーさんが休業中も視聴率がさほど落ちなかったという関係者もいて、それでお呼びがかかりにくくなった。ここでベッキーさんはどうしたかというと、マネジャーさんと一緒に考えて、自分たちで動いたんです。地方ローカルの番組からはじめて、新たにCMも決めて、BS時代劇の主演まで獲得していった。女優という、騒動前にはイメージされなかったジャンルまで活動枠を広げたんですね。今回の熱愛も、自分で考えて自分で行動した結果。私生活の充実もセルフプロデュースの延長線上にあるようにみえます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る