荻野目洋子“復活”の立役者 「盆踊り」市場に音楽業界注目

公開日:

 昨年の紅白歌合戦で“バブリーダンス”を披露し、キャプテンの伊原六花(19)が芸能界デビューまでした大阪府立登美丘高校ダンス部。1985年に発売された「ダンシング・ヒーロー」が再びヒットし、荻野目洋子(49)の復活にも注目が集まっているが、ちまたで“一番の立役者”ではないかといわれているのが「盆踊り」だ。

 東海地方では数十年前から盆踊りで「ダンシング・ヒーロー」が流れ、地元では若者を中心に人気を呼んできたという。ジワジワと浸透していたところに、“バブリーダンス”が刺さり、ブームが生まれたという構図らしい。当然、レコード会社も“ドル箱”とにらんで注目している。

 真相はどうなのか。盆踊りの普及を推進している「日本民踊・新舞踊協会」理事の田畑秀朗氏に聞いた。

「荻野目洋子さんの『ダンシング・ヒーロー』は名古屋を中心に二十数年前から盆踊りの定番曲です。東京の清瀬市などでも踊られています。一昨年前の正月に盆踊り用のCDが発売されると、ますます若者に人気になりました。もちろん、登美丘高校ダンス部も再ヒットに貢献したと思いますが、もっと早い時期から盆踊りの方が火付け役になっていたと思いますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る