• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

荻野目洋子“復活”の立役者 「盆踊り」市場に音楽業界注目

 昨年の紅白歌合戦で“バブリーダンス”を披露し、キャプテンの伊原六花(19)が芸能界デビューまでした大阪府立登美丘高校ダンス部。1985年に発売された「ダンシング・ヒーロー」が再びヒットし、荻野目洋子(49)の復活にも注目が集まっているが、ちまたで“一番の立役者”ではないかといわれているのが「盆踊り」だ。

 東海地方では数十年前から盆踊りで「ダンシング・ヒーロー」が流れ、地元では若者を中心に人気を呼んできたという。ジワジワと浸透していたところに、“バブリーダンス”が刺さり、ブームが生まれたという構図らしい。当然、レコード会社も“ドル箱”とにらんで注目している。

 真相はどうなのか。盆踊りの普及を推進している「日本民踊・新舞踊協会」理事の田畑秀朗氏に聞いた。

「荻野目洋子さんの『ダンシング・ヒーロー』は名古屋を中心に二十数年前から盆踊りの定番曲です。東京の清瀬市などでも踊られています。一昨年前の正月に盆踊り用のCDが発売されると、ますます若者に人気になりました。もちろん、登美丘高校ダンス部も再ヒットに貢献したと思いますが、もっと早い時期から盆踊りの方が火付け役になっていたと思いますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  4. 4

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  5. 5

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  6. 6

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  7. 7

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  8. 8

    婚約発表の平幕勢 賞金ランク4位・比嘉真美子との年収格差

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    雨の降り方が一変…明治以来の土建国家の施策は破綻危機

もっと見る