• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

荻野目洋子“復活”の立役者 「盆踊り」市場に音楽業界注目

 昨年の紅白歌合戦で“バブリーダンス”を披露し、キャプテンの伊原六花(19)が芸能界デビューまでした大阪府立登美丘高校ダンス部。1985年に発売された「ダンシング・ヒーロー」が再びヒットし、荻野目洋子(49)の復活にも注目が集まっているが、ちまたで“一番の立役者”ではないかといわれているのが「盆踊り」だ。

 東海地方では数十年前から盆踊りで「ダンシング・ヒーロー」が流れ、地元では若者を中心に人気を呼んできたという。ジワジワと浸透していたところに、“バブリーダンス”が刺さり、ブームが生まれたという構図らしい。当然、レコード会社も“ドル箱”とにらんで注目している。

 真相はどうなのか。盆踊りの普及を推進している「日本民踊・新舞踊協会」理事の田畑秀朗氏に聞いた。

「荻野目洋子さんの『ダンシング・ヒーロー』は名古屋を中心に二十数年前から盆踊りの定番曲です。東京の清瀬市などでも踊られています。一昨年前の正月に盆踊り用のCDが発売されると、ますます若者に人気になりました。もちろん、登美丘高校ダンス部も再ヒットに貢献したと思いますが、もっと早い時期から盆踊りの方が火付け役になっていたと思いますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

もっと見る