荻野目洋子“復活”の立役者 「盆踊り」市場に音楽業界注目

公開日:

 昨年の紅白歌合戦で“バブリーダンス”を披露し、キャプテンの伊原六花(19)が芸能界デビューまでした大阪府立登美丘高校ダンス部。1985年に発売された「ダンシング・ヒーロー」が再びヒットし、荻野目洋子(49)の復活にも注目が集まっているが、ちまたで“一番の立役者”ではないかといわれているのが「盆踊り」だ。

 東海地方では数十年前から盆踊りで「ダンシング・ヒーロー」が流れ、地元では若者を中心に人気を呼んできたという。ジワジワと浸透していたところに、“バブリーダンス”が刺さり、ブームが生まれたという構図らしい。当然、レコード会社も“ドル箱”とにらんで注目している。

 真相はどうなのか。盆踊りの普及を推進している「日本民踊・新舞踊協会」理事の田畑秀朗氏に聞いた。

「荻野目洋子さんの『ダンシング・ヒーロー』は名古屋を中心に二十数年前から盆踊りの定番曲です。東京の清瀬市などでも踊られています。一昨年前の正月に盆踊り用のCDが発売されると、ますます若者に人気になりました。もちろん、登美丘高校ダンス部も再ヒットに貢献したと思いますが、もっと早い時期から盆踊りの方が火付け役になっていたと思いますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  2. 2

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  3. 3

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

もっと見る