• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキ

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

「芸能人だから」を大義に叩くのは自己顕示と不寛容の極み

 サッカーW杯ロシア大会で、日本代表が決勝トーナメントに進むため、ポーランドにあえて負けた試合。否定的なコメントをした芸能人が炎上する一方、世界のメディアでも賛否両論の声が上がった。

 身内である日本のメディアで擁護の論調が多くなるのは仕方ないにしても、当事者である選手自身の声は、やはり重みがある。日本代表FWの武藤嘉紀は、後日の振り返りではあるが、こう語っている。

「落胆された方も大勢いらっしゃると思いますけど、それでも結果的にベスト16に入れたのはポジティブ。その采配は正しかった」(Football ZONE web)

 落胆された方とはファンや観客だけでなく、本意でないと感じていた選手も含まれているのだろう。その状況に目配りした上で、堂々と自分たちの正当性を断言する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る