• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキ

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

「芸能人だから」を大義に叩くのは自己顕示と不寛容の極み

 サッカーW杯ロシア大会で、日本代表が決勝トーナメントに進むため、ポーランドにあえて負けた試合。否定的なコメントをした芸能人が炎上する一方、世界のメディアでも賛否両論の声が上がった。

 身内である日本のメディアで擁護の論調が多くなるのは仕方ないにしても、当事者である選手自身の声は、やはり重みがある。日本代表FWの武藤嘉紀は、後日の振り返りではあるが、こう語っている。

「落胆された方も大勢いらっしゃると思いますけど、それでも結果的にベスト16に入れたのはポジティブ。その采配は正しかった」(Football ZONE web)

 落胆された方とはファンや観客だけでなく、本意でないと感じていた選手も含まれているのだろう。その状況に目配りした上で、堂々と自分たちの正当性を断言する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る