井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキ

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

「芸能人だから」を大義に叩くのは自己顕示と不寛容の極み

公開日:

 サッカーW杯ロシア大会で、日本代表が決勝トーナメントに進むため、ポーランドにあえて負けた試合。否定的なコメントをした芸能人が炎上する一方、世界のメディアでも賛否両論の声が上がった。

 身内である日本のメディアで擁護の論調が多くなるのは仕方ないにしても、当事者である選手自身の声は、やはり重みがある。日本代表FWの武藤嘉紀は、後日の振り返りではあるが、こう語っている。

「落胆された方も大勢いらっしゃると思いますけど、それでも結果的にベスト16に入れたのはポジティブ。その采配は正しかった」(Football ZONE web)

 落胆された方とはファンや観客だけでなく、本意でないと感じていた選手も含まれているのだろう。その状況に目配りした上で、堂々と自分たちの正当性を断言する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る