井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキ

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

SNS離れは投稿の心理戦に疲れてきたことが一因ではないか

公開日:

 炎上という言葉が定着して10年以上、いまだ毎日のように炎上事案が起きている。「キジも鳴かずば打たれまい」と、先人たちは余計な言動を慎むように警句を残したが、むしろ「人の口に戸は立てられない」のが現実なのだ。事実、炎上の研究書が出版され、ネット利用のマナーも何度も紹介されているが、炎上は後を絶たない。

 それはひとえに、いつでもどこでもネットに投稿できるスマートフォンと脊髄反射的に投稿できるSNSアプリの普及、ユビキタスに近い環境を実現するネットワークインフラがもたらしたものであり、ある意味で想定外の負の一面である。

 最近でも、大阪府北部を震源とする地震に際して、参議院議員で元大阪府知事の太田房江(66)が「(大阪府、市の国土強靱化への対応を)追及するいいチャンス」と、自民党所属の地方議員のSNSにコメントを書き込んで炎上した。現職の大阪府知事、松井一郎(54)が「いい加減にしなさい」とクレームを入れるのも当たり前で、被災直後に災害の政治利用を口走るなど非常識きわまりなく、たとえ筆が滑ったにしても不快に感じる人の方が圧倒的に多いだろう。それが元は地元の首長となれば、なおさらのことだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

もっと見る