• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
井上トシユキ
著者のコラム一覧
井上トシユキ

1964年、京都市生まれ。同志社大学文学部卒業後、会社員を経て、98年からジャーナリスト、ライター。IT、ネット、投資、科学技術、芸能など幅広い分野で各種メディアへの寄稿、出演多数。

W杯は炎上の舞台 野村周平「なにこの試合」発言で袋叩きに

 熱戦の続くサッカーワールドカップもまた、炎上の舞台となる。戦前の指揮官の交代劇、また代表メンバー選出時における混乱からすれば、むしろ炎上の場としてはおあつらえ向きとさえ言える。

 6月24日のセネガル戦でミスをして先制点を献上したゴールキーパーの川島永嗣のウィキペディアは、その直後から「セネガルハンドボール部キーパー」「パンチングが趣味」などと書き換えられる騒ぎとなった。現在は書き換え(編集)ができないようになっているが、一時は100回以上も執拗に嫌みや当てこすりが書かれ、大荒れに荒れていた。

 川島のミスに憤慨したファンは、これで留飲を下げようとしたのだろうが、どうにも締まらない。嫌みの内容が読む者をうならせるヒネリもブラックなユーモアもなく、取るに足らないレベルの低いものばかりだったのだ。これでは、何でもいいから騒ぎたいだけの「ネット弁慶」な連中が、川島のミスを奇貨として暴れたに過ぎないとしか受け取られまい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る