• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「小林多喜二」特別高等警察に虐殺されたプロレタリア作家

1974年 今井正監督

 特別高等警察(特高)に虐殺されたプロレタリア作家・小林多喜二の生涯を描く。先週、DVDが発売された。

 貧農の家に生まれた多喜二は伯父の厚意で小樽高等商業(現・小樽商科大)に進学して拓銀に就職、勤務のかたわら小説を書き始める。親の借金のために売られたタキという女性の借金を清算して家族として迎え入れ、文学活動のほか1928年の普通選挙では労働農民党候補の応援弁士を務めるなど社会運動に情熱を注ぐ。「一九二八年三月十五日」「蟹工船」などの作品で搾取と侵略戦争を批判したことから特高の標的となり、33年2月20日逮捕。東京・築地警察署で凄絶な拷問を受けるのだった……。

 多喜二は31年に日本共産党に入党し、地下に潜伏しながら作品を発表した。本作は多喜二をめぐる3人の女性、彼の文学作品と政治活動の関連性にふれつつ天皇制ファシズムの実相を描いている。帝国主義に異を唱える常識人が官憲の弾圧を受ける光景は実に恐ろしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    高校の同級生の三浦友和 清志郎にRC再結成を持ちかける

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る