「小林多喜二」特別高等警察に虐殺されたプロレタリア作家

公開日:  更新日:

1974年 今井正監督

 特別高等警察(特高)に虐殺されたプロレタリア作家・小林多喜二の生涯を描く。先週、DVDが発売された。

 貧農の家に生まれた多喜二は伯父の厚意で小樽高等商業(現・小樽商科大)に進学して拓銀に就職、勤務のかたわら小説を書き始める。親の借金のために売られたタキという女性の借金を清算して家族として迎え入れ、文学活動のほか1928年の普通選挙では労働農民党候補の応援弁士を務めるなど社会運動に情熱を注ぐ。「一九二八年三月十五日」「蟹工船」などの作品で搾取と侵略戦争を批判したことから特高の標的となり、33年2月20日逮捕。東京・築地警察署で凄絶な拷問を受けるのだった……。

 多喜二は31年に日本共産党に入党し、地下に潜伏しながら作品を発表した。本作は多喜二をめぐる3人の女性、彼の文学作品と政治活動の関連性にふれつつ天皇制ファシズムの実相を描いている。帝国主義に異を唱える常識人が官憲の弾圧を受ける光景は実に恐ろしい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る